人生を変える小さな習慣
話題のファイル転送サービス firestorage を使ってみました

話題のファイル転送サービス firestorage を使ってみました

職業柄、大量のデータをやりとりするのですが(今も米国サーバーから世を徹して数百GBのデータをダウンロード中)、仲間内でファイルをやり取りするときでも WWW サーバーにファイルを置いたりしてあまり便利とはいえない状況でした。

そこで Gigazine で紹介されていた無料で一度に 40 GB のファイル転送を無料でできる firestorage.jp を試してみました。

firestorage.jpg

使い方は元記事でたいへん詳細に説明されていますのでそちらに譲るとして、私がとてもこのサービスで気に入ったのは次の点です。

  • きめ細かい削除条件がある: 「7日、3日、2日、1日、12時間、6時間、3時間、1時間」という細かさで設定できるのが非常に便利です。あるいはダウンロードが「5、10、30、50、100、500回」で削除という風に回数で区切れるのも、データの手綱がとれていい感じです。
  • 集計機能がうれしい: 無料の会員登録をするとついてくる「今日は何回ファイルがダウンロードされた」といった集計情報が便利です。けっこうあるのが、先方にファイルの置き場を示したメールを転送しても「ちゃんとダウンロードしてくれたのかわからない」という状況です。こうしたことがないように、手軽にモニターできるのが嬉しい。

転送スピードも案外速いので、そのへんのデータをやりとりするには問題ありません。

ここまで機能があって無料というのは、太っ腹過ぎます。せめて恩返しに仲間内にひそかに広めておくことにします。file storage ではなくて、fire storage なのをいい間違えないようにしないと。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳