人生を変える小さな習慣
MacBook の2つの USB ポートには違いがある…?

MacBook の2つの USB ポートには違いがある…?

usb-cord.jpg

[追記:情報アップデートしました!記事後半をお読みください]

毎週楽しみにしているポッドキャスト Macbreak Weekly の今週の回(第88回)は Apple 関係のニュースがほとんどない上に、Merlin は途中で用事があって退席してしまうしで、あまり聞くべきところがありませんでした。

しかしゲストたちが四方山話に華を咲かせていたところ、ちょっと耳にしたことのない情報が入ってきました。それは MacBook に存在する2つの USB ポートが実は同じではなく、Skype などに使うマイクやカメラを接続する場合に、雑音が入りやすい方があるという話でした。

発端は、ゲストの一人の Alex Lindsay の音声が急に割れ始めて、まるでサイボーグのようになりはじめたところでした(podcast では 8分20 秒あたりから)。

Alex の回線は T1 の高速ネットワークなので回線の問題ではありません。しかももう一人のゲストの Andy Ihnako は裏庭から Asus | EeePC という決して速いマシンを使っているわけではないのに背景の鳥のさえずりまできれいに聞こえているのです。

そこでゲストの一人が「マイクをつないでいる USB を換えたらどうか?」と提案してその通りにしたところ、たちどころに音声がきれいに直ったのでした!

そこで出てきた話をまとめると:

  • MacBook の USB の奥にある方と手前にある方では、奥にある方は実は内部的には他の周辺機器と共有している USB ハブにつながっていて、手前のポートはハブにはなっていない
  • 片方手前のポートのバスパワーはもう片方奥のポートに比べて強力なので、ケーブルの長い外部ハードディスクなど、一部の機器は片方の USB ポートで動作しても、もう片方では動作しないことがある
  • ネットワークや外部マイクなどは、奥のハブにつながっているほうに挿す方が問題が起きる可能性が低い 高い

これは MacBook についての話でしたが、MacBook Pro でもずっと同じような仕様になっていたそうです。奥の方がハブ? と言われてもピンとこないのですが、どうも二つのポートには主従があるようです。

これは知りませんでした。そういえば思い当たることがあるような、ないような。日本語で検索してもそれらしい記述がありませんので、迷える人の何か助けになるかと思ってここにまとめておくことにしました。

もしSkype 用の外部マイクや、ネットワーク機器をつないでいて雑音が入るようだったら念のためつないでいる USB ポートをもう片方にして試してみることをおすすめします。

(追記)

詳しい解説が Wired にアップされていて、よく理解できました。

ようするに、奥の方の USB ポートはすでにハブになっていて、 キーボード、トラックパッド、Bluetooth、iSight カメラと共有されているのだそうです。このあたりは、システムプロファイラから USB を選んで、どのデバイスがどの USB ツリーにぶら下がっているかをみると理解できます。

コメントでもご指摘いただきましたが、MacBook Pro の場合は両側に USB がありますが、向かって左側がハブになっていて(すでにいろんなデバイスがつながっているので)、向かって右側の USB 方が USB パワーが強いみたいです。

ちょっと 賢くなった気がする!

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:


Notice: Undefined index: proxy in /home/c0113921/public_html/lifehacking.jp/wp-content/plugins/feedzy-rss-feeds/includes/admin/feedzy-rss-feeds-admin.php on line 480
著者
堀 正岳