人生を変える小さな習慣
1Password で iPod Touch 上から手軽にパスワード入力

1Password で iPod Touch 上から手軽にパスワード入力

最近 iPod touch 上で見ているウェブサービスが増えてきて(TwitterRemember the milkGReaderI want SandyEvernote etc.)、ちょっとした待ち時間に利用することが多くなっています。

しかしこうしたときに、ログインとパスワードをいちいちあの小さなキーボードで入力しているのは苦痛です。最近 1Password で数十文字の強固なパスワードをつかうようになっていますからなおさらです。こうしたときに 1Password の iPhone へのパスワードシンクロ機能が手放せません。

この機能を使うには準備として、まず 1Password のパスワードを iPod Touch にシンクロさせます。

1password-sync.jpg

実際にシンクロされるのは Safari のブックマークを通してですので、iTunes 側で、iPod の設定を開き、「情報 → Web ブラウザ」で「Safari ブックマークを同期」のチェックボックスにチェックを入れ、ブックマークを同期してください(Safari のブックマークが Ipod に流れ込みますので要整理)。

次に実際にパスワードが何十文字もあるサイトにログインしますが、次の手順で行ないます。

1password-login.jpg

  1. パスワードを入力したいサイトに行く。
  2. iPod Touch のブックマークから、「1Password Logins」を選ぶ。
  3. 黒いポップアップが表示されますので、マスターパスワードを入力。

あとは自動でログイン処理が行なわれます。この手順をなるべく簡単にするためにも、マスターパスワードはわかりにくい、でも簡単なものにしています(本当はいけないのですが)ので、ログインまでだいたい 10 秒といったところです。

なんらかの理由でパスワードが自動で入力されないことも時々あるのですが、それらはたいてい、AutoSubmit のチェックボックスが入っているせいか、そうでなければブラウザ版と iPhone 版の URL が異なるからというのが理由です。

たとえば Google Reader のように、ブラウザ版が http://www.google.com/reader/ で iPhone 版が http://www.google.com/reader/i/ の場合、URL が違うので 1Password がどのようにフォームを埋めていいか悩んでしまう場合があるようです。

こういうときは Mac に戻り、ブラウザで iPhone 用のフォームを手入力で Save Form して、再度 iPhone に同期してから利用すればたいてい解決します。

1Password の使い方が身に付いてくるに従って、パスワードは長くなる一方、iPod Touch のホーム画面のアイコンは増える一方です。便利を通り越して中毒にならないように気をつけないと。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳