人生を変える小さな習慣
コマンドラインから Quick Look [Mac OS X]

コマンドラインから Quick Look [Mac OS X]

手放しで評価しますが Leopard の新機能、Quick Look はすばらしいです。もうこれなしでどう過ごしていたのか思い出す事ができないほどです。Windows でもファイルの上でスペースバーを叩いて「あ、使えないんだった」ともどかしくなるほどです。アプリケーションを立ち上げずにファイルの中身が確かめられるのは、非常に大きな時間節約になってます。

Lifehacker 経由で知りましたが、Mac OS X のコマンドラインから Leopard の Quick Look を起動する方法があって、研究の作業をしているときなどに使えそうなので備忘録もかねて書いておきます。

使うのは、Quick Look のデバッグ用のqlmanageというコマンドです。

qlmanage -p < ファイル名>

と打つと、ファイルの Quick Look が起動します(Control + C で終了。これが普段の Quick Look と違う)。でもこれだとデバッグ用の情報が大量に出てきてうっとうしいですので、次のエイリアスを設定しておきます。

alias ql='qlmanage -p "$@" >& /dev/null'

これでワーニングが /dev/null の虚空に吸い込まれて Quick Look だけが飛び出します。

これは便利!

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳