人生を変える小さな習慣
Audible.com が amazon 傘下に。DRM 廃止も検討中。

Audible.com が amazon 傘下に。DRM 廃止も検討中。

audio1.jpg

「洋書をもっと読みたいけれども時間がない」「でもリスニングには自信がある」という人。あるいは「リスニングをワンレベル上にもっていきたい」そう思っている人にオーディオブックサイト Audible はもってこいです。

なにせ蔵書数が違います。4万冊以上の最も売れ筋の本がオーディオブック化されているので、たいていの話題書だったら置いてあります。ワンクリックでダウンロードし、iPod などで聞く事ができるのは大きな時間節約になります。

オーディオブックという媒体を最初は疑っていましたが、いまではすっかり依存しています。なにせ車にのっていようが、道を歩いていようが強制的に本を読めるのですから、読書時間を確保できないときには大きな味方になります。

現在私は月2冊のクレジットがもらえる月に $23 の Platinum Monthly メンバーですが、オーディオブックが一冊 $15 から $30 かかるのですから、非常に得な計算になります。

そんな Audible が $300 万ドルという値段で Amazon に買収されました。iTunes との提携は 2010 年まで継続。今後もオーディオブックの増加を行い、いずれはユーザーの要望が大きいのなら DRM なしの提供も検討しているとの事です。すばらしい。

「でもいきなり Audible に登録して本を買うのは抵抗がある…」という人に、とりあえず一冊だけ無料でオーディオブックを手に入れる方法があります。Mac 関係のニュース番組を紹介しているポッドキャスト Mac Break Weekly では、Audible のプロモーションを行なっていて、登録すれば2週間の無料期間中、一冊分のファイルが無料で手に入ります(無料期間が終わると自動で課金されますので注意!)

今週だったら、1時間13分経過したあたりから今週の Audible の紹介を始めていますので、そちらで登録方法をお聞きください。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳