人生を変える小さな習慣
やる気が出ないときに使える魔法の言葉いろいろ (IDEA*IDEA)

やる気が出ないときに使える魔法の言葉いろいろ (IDEA*IDEA)

先週になりますが IDEA * IDEAちょっと可笑しい記事が紹介されていました。やる気がでないときに、「あいつだったらどうするかな…」などと唱えて、頭のギアをシフトしてしまおうという魔法の言葉の一覧です。

43folders の対談で、David Allen は “What’s on your mind?” 「いま、何が気になっているのか?」を常に繰り返し自分に問いかけて、思い浮かぶものは次から次へと書いてゆけ、と言ってます。これも呪文の一種ですね。43folders の Merlin 自身は “Write a shitty first draft” 「くそみそな初稿を書こう」を口癖にしているそうです。

私もこうした自分用のマインドコントロールの呪文をいくつか持っていますが、たいていが映画やアニメの台詞をもじったもので、そのシーンの雰囲気を頭の中に再現して勝手に自分のテンションをあげてしまおうという戦略です。冗談のような、実際に自分で使っている呪文をいくつか紹介。

すべては予定通りだ (by 碇ゲンドウ)

この台詞を言いながらニヤリと口の端をゆがめて笑ったりはしませんが、予定通り進んでいないときほど、こんなことをつぶやいて自己暗示をしています。

各個撃破! (銀英伝、ガンダム、他多数)

たくさんの仕事がふりかかって思考停止になりそうなときの呪文です。インベーダーゲームなどをするときのように、襲いかかる敵は多くても、一番差し迫った脅威を優先して片付けることでしないでいるときによく使います。2ちゃんねる管理人のひろゆきさんの仕事法としても紹介されていますね。

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄 (by Dio)

げんなりとではなく、自分に力が湧いてくるように頭のなかで繰り返します。やり方がわからない仕事のときよりも、やり方はわかっているけれども煩雑で大量の仕事のときに、テンポよく頭のなかで繰り返しています。

ここまでくると本当に冗談のようですが、頭の中で一人だけのクライマックスを演出して、沈滞してしまっている自分の頭のモードを無理矢理にでも切り替えるときに、こうした台詞のパワーをもらっているのです。効果はさまざまですが、楽しい一人遊びであることだけは確かです。

そう、遊び。まじめな顔つきで仕事をしているときでも、頭の中には遊び心というギアがあって、「やりたくないけどやるべきこと」を「しょうがないからやっつけてやるか!」にシフトすることができるのです。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳