Lifehacking Diary: 2007-04-01

diary.pngLifehacking Diary は不定期に、いろいろな出来事から学んだことをつれづれに書くコーナーです(いま決めた)。今日はここ数日の出張と旅から。

この四日間は、出張先と旅行先からの更新となりました。仕事をしながら移動が重なるなか、すきま時間を利用してこのブログのエントリーを作成し、ネット端末にアクセスできる時間をあらかじめ予測して、それにあわせてアップデートを行うという連続です。自分一人でできる作業の場合、その効率化はどこまでも追求できるのだなあ、とあらためて実感できました。

その反面、人との面会は急なアクシデントの発生によってうまくいかなくなり、時間をかけた下準備と調整とが無駄になって気落ちするというハプニングもありました。つくづく、人を相手にしたタスクは思い描いていた予想通りにはいかないものです。

とはいえ、信頼している相手との間のこうしたハプニングは、ベースとなる感情にポジティブな貯蓄が多いので、ちょっとしたマイナスでは負債に転じないものだとあらためて感じる瞬間でもありました。

こうした「信頼」は、単に仕事をともにして、その場その場のタスクを忠実にこなすだけでは構築できない気がします。そこには価値観の共有や、相互の意思の尊重といった人間関係が介在する必要があります。人間関係は重いし、面倒ですし、たいてい「やっつけ仕事」ではすみません。それでも長期的にみて人間関係ほど豊かな収穫を得ることのできるものも他にありません。

そういうわけで、一時的な手間や時間の損失にみえるハプニングも、人間関係の構築という、より長期的なメリットと交換していると考えることでなんだか気は休まります。そんな、家路を急ぐ新幹線の中のひとときなのでした。

堀 E. 正岳(Masatake E. Hori)
2011年アルファブロガー・アワード受賞。ScanSnapアンバサダー。ブログLifehacking.jp管理人。著書に「ライフハック大全」「知的生活の設計」「リストの魔法」(KADOKAWA)など多数。理学博士。