人生を変える小さな習慣
GTD を始めるときの4つのコツ

GTD を始めるときの4つのコツ

新学期、新年度で心機一転して GTD を始めようというひともいるかと思いますが、そんな人の役に立つかもしれない「GTD を始めるときの4つのコツ」という記事が David Allen のコンサルティング会社のコーチの一人、Kelly Forrister のブログに紹介されていました。

最近では日本でも GTD, Lifehack が新奇なソフトウェアだとか Google ツールと抱き合わせで紹介されることが多いのですが、そういうのはむしろ GTD 初心者むけとはいえないと常々感じていました。大事なのは「頭の中にあることを信頼できる一覧表に書き出すこと」。こうした基本的な点をもう一度思い出させてくれました。以下、彼女の記事の要約(一部私の解釈を含んでます)。

1. 知ってることから始める

GTD を実装するのに、新しいツールやソフトをつかうのはおおいにけっこうだけれども、そのソフトを覚えるのに手間がかかるのでは本末転倒です。GTD は紙切れ一枚からでも始められるのだから、まずは知ってるツールではじめよう。

2. 全てを書き出し、こまめにレビュー

一覧表が「第二の脳」になるように、頭の中にあるものはすべて書き出すくせをつけます。こうして、頭のなかにものごとを抱え込まずに、自分の一覧表にすべてを預けてしまうことで、GTD のシステムへの信頼感がうまれます。

3. 一覧表はポータブルにする

頭の中から出してしまったものを、いつでも好きなときに見れなければ、けっきょくその一覧表を信頼できなくなり、また頭でいろいろなことをかかえてしまいます。コンピュータの上でリストを作っていても、それを定期的に印刷するのがおすすめです。

4. 習慣になるまで続けてみる

こうしたシステムが一つの習慣になるのに4、5週間はかかるので、最初からシステムを複雑にせずに、まずは一ヶ月最小限の GTD を試してみて、自分のし好に合わせて改良を加えてゆくと良いでしょう。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:

著者
堀 正岳