人生を変える小さな習慣
返却される本との偶然の出会い

返却される本との偶然の出会い

icon-books.jpgKengo さんの Going My Way で紹介されていたのですが、図書館で本を探すときに「返却されたばかりの本の書架を探す」という方法が、今まで知らなかった面白い本との出会いの近道だという話です。

他人が借りたということは、他人が面白いと感じたからで、きっと面白い本がならんでいる確率が高いというわけです。

Collective Intelligence

この記事を読んで、そういえば自分もこのテクニックを何となく長いこと実践していたことに気づかされました。係員の方が本を棚にもどすために押しているラックから失敬したこともたびたび。

ある本を読むことは、別の本を読めないことでもあります。読んでいる本がつまらなかった時ほど「時間を返せ!」と思わずにはいわれませんので、面白い本がならんでいそうな場所には、無意識に吸い寄せられてゆくのですね。

これも、一つの collective intelligence といってもよいものだと思います。ようするに、「他人の脳を利用する技術」。Amazon の「この本を買った人はこんな本も買っています」というおすすめ商品の機能みたいなものです。今まで自分が読んだことのなかった新しい本の分野を開拓しようとすると、茫漠とした本の大平原で迷いそうになりますが、そんなときこそ、こうして他人が知らずにつけた足跡が参考になりますね。

ただ、他人と同じ本ばかり読んでいても知識・経験・感動はあまり特殊化しませんので、2、3冊を読んで新しい分野の道しるべを与えられたなら、そこを起点にして、よりディープな本を探してゆくこともまた楽しです。

ライフハック・ジャーナルの最新記事



note の私のアカウントではさらにディープな話題について紹介している定期購読マガジン「ライフハック・ジャーナル」を運営しています。

Lifehacking.jp は「ライフハック・ジャーナル」を購読してくださっているみなさんのご厚意によって、広告フリーでお届けしています。最新の記事はこちらです:


Notice: Undefined index: proxy in /home/c0113921/public_html/lifehacking.jp/wp-content/plugins/feedzy-rss-feeds/includes/admin/feedzy-rss-feeds-admin.php on line 480
著者
堀 正岳