ホーム仕事術

カテゴリ仕事術

習慣形成

小さな習慣05:不安なことを紙に書きだしてみる

私にとって「小さな習慣」というのは、やっても、やらなくても、一見では違いがわからないほどに些細なことばかりです。しかし繰り返しゆくほどに、しだいに大きな違いがあらわれて人生そのものを変えてくれます。 私がよく実践しているそんな小さな習慣のうちの一つに、「不安なことを紙に書きだしてみる」というものがあります。...

時間管理

「正しい意識の高め方」Vol.2 集中力のピーク時間に雑用をしていませんか?

若い人向けに仕事術・ライフハックの基本の基本をまとめている連載の第二回目がはやくも掲載されています。今回は時間管理の後編です。 前回と今回の話は、まだ忙しくなりすぎる前の、時間の使い方に余裕がある若い人に特に有効な話をまとめていて、あらゆる職種で適用可能なように注意深くまとめてあります。...

時間管理

Timely、個人もチームの時間も記録できる時間トラッキングサービス

日中にどんな作業を、どれだけの時間おこなっていたのかを自動的に記録する時間トラッキングサービスには、いくつかの定番があります。 パソコン上のすべての作業をアプリ別、アクセスしているURL別に自動的にモニターしている Rescue Time。設定したプロジェクトに何分従事したかを簡単にメモすることができる Toggl...

習慣形成

小さな習慣03: いつでも、どこにでも本を持ち歩く

この「人生を変える小さな習慣」のシリーズの目的は、普通誰もが気をつけている習慣から、それはいったい何の役にたつのだというものまでを集めて、意外に小さなことで大きな流れを作ることができることを示すことだったりします。...

習慣形成

小さな習慣02: 30分の読書とジャーナリングの効用

行動は小さくても、緩やかに人生を大きく変える可能性がある小さな習慣、今週は読書についてです。 先日オバマ大統領の読書の習慣について紹介したところですが、30分でも毎日続ける読書は、1日ではたったの20ページほどだとしても、1年続けるうちに大きな読書の成果をもたらします。 考えてもみてください。20ページ x 365...

習慣形成

小さな習慣01: 明日のTodoを前日に書き出す

忙しくても、ほんの5分ほどの時間を割いて繰り返すことで、しだいに人生に大きな流れを生み出すことができるような「小さな習慣」について週に一つずつまとめていこうと思います。 最初は小学生でもあたりまえに行う習慣、「明日にやることを前日に書き出す」というものですが、この習慣が実際に機能するための工夫はしているでしょうか?...