マインドマップを使うと急に思考力が高まる。でもそれはなぜ?

mindmap.jpeg

Mindmap

どんな道具も、それを利用する人のリーチを伸ばしてくれます。はさみが綺麗に紙を切る能力を、ものさしが美しい直線を描く能力を与えてくれるように、マインドマップは思考の届く範囲を伸ばしてくれるのです。

でも「マインドマップの正しい描き方」にとらわれていて、その効果を感じられないという人も多いのではないかと少し心配になるくらい、マインドマップに関しては「描き方」「作法」といった導入に関する話題が先行するのが気になっています。

そんな折、ライフハックブログKo’s Style のコウスケさん率いる「名古屋マインドマップ普及会」が「マインドマップ超活用術」という電子書籍を発表されています。こちらをご覧になれば、マインドマップに関するいろいろなヒントが得られるのではないかと思います。

名古屋は私の古巣ですので頼もしいことこの上ありません。

マインドマップは論理マップではない

最初に注意なのですが、「マインドマップ超活用術」を開くと、美しいマインドマップの例がたくさん出てきて、「こんな風に絵を描けたらなあ」と嘆息がもれそうになりますが、それは間違った読み方だと断言します。

まずはどれか一つを選んでみてください。そして絵が上手であるかどうかは関係なく、根元のブランチから枝先に向かってマップを「読んで」みましょう。

もしマップの枝を追うことで、短時間に描かれている情報の構造が頭にロードされるようなら、それはあなたの頭脳にとって親和性の高いマップだといえます。そして上手なマップの多くは、このように読むことで手に取るように情報の構造が見えてきます。

次に感じ取ってもらいたいのが必ずしも、この枝の別れ方が論理的ではなく、描いた人の発想 = 思いつきで描かれているという点です。

たとえば自己紹介のマップをみると、「仕事」のブランチのとなりには「想い出」があったり、「ワクワク」といったブランチがあったりします。もしこれが論理的なマップなら、「仕事」「趣味」「来歴」「家族」といったトップブランチしか容認されないかもしれませんが、描いていたその人にはきっと「いまワクワクしていること」をすぐに描きたいという欲求があったのでしょう。

Mindmap2

マインドマップを描くとき、この「脳内ダダ漏れ」の感覚は非常に重要です。マインドマップを使って論理的に思考を細分化してゆくこともできますが、むしろ出たとこ勝負で描いていったほうが、偶然の発見の多い面白いマップが描ける傾向にあると思います。

マインドマップの力とは?

つまりマインドマップは本来不定形な「思考」に形を与えることで捉えやすくしているわけです。そうして引き出された思考の断片にさらに枝をつけてゆくことで、ぼんやりと考えていた思考が虫眼鏡でみるように拡大されていきます。これが「思考力の高まり」だといってもいいでしょう。

なんだか自分はいつもぼんやりと考え事をしているだけでまとまりがない、どうも頭が悪い気がするという人は、汚くていいのでマインドマップの形式でもやもやとした思考に形を与えてみてください。

言い当てることができなかったもやもや感が急に吹き払われて、高い場所に立ったように思考の力で遠くまで望むことができるようになって驚くかもしれません。

きれいなマインドマップをみて嘆息するのではなく、自分の自由な発想の源泉として、この「マインドマップ超活用術」をぜひ活用していただきたいと思います。

p.s.

マインドマップについては私自身多くの誤解を経て使うようになりました。そんな誤解について書いた「マインドマップに対してもっていた3つの決定的な誤解」もあわせてどうぞ

MindMeister for iPad でマインドマップを出先に持ち歩く

mindmeister.png

mindmeister.png

最近は簡単なマインドマップをつくるのに MindMeister があまりに便利で最近はそればかり利用しています。ブラウザ内で自在に編集することが可能ですし、ほぼリアルタイムで変更が反映されますので複数の人と Skype 越しにアイディアを出し合ってマップを作ってゆくことができます。

その MindMeister の iPad アプリが発表されていて、これからは出先でもマップを編集したり、閲覧したりすることができるので重宝しそうです。これまで MindMeister には iPhone アプリがあったものの、画面が小さいのでなかなか使いづらく、iPad 版は心待ちにしていました。

mindmeister2.jpg

基本的な操作方法は:

  • 画面をピンチしてマップをズームイン・アウト
  • 適当な場所でダブルタップしてノードを作成
  • ノードを選んで右上の「+」をタップしたら子ノードが作成される
  • 「+」をダブルタップしたら兄弟ノードが作成される

だけです。あとは文字色やアイコンの追加などといった操作が可能になっています。

mindmeister3.jpg

もし MindMeister のアカウントをもっているなら、当然そこで作成したマップを編集可能になりますので、出先でのコラボレーションに拍車がかかりそうです。

重要なオプションとして、「閉じるときにセーブする」というものがあって、これが選択されていない場合は定期的にアップデートが送信されているようです。

一方、デスクトップの側での編集が iPad 側に反映されるスピードですが、これはさすがにリアルタイムでは行われていないようです。iPad 側の MindMeister でマップを再度読み込まない限り、マップの更新はみえません。

それでも出先でマインドマップをこれだけ便利に編集して、ネットで共有できるようになったのは大きいですね。今後共著者との連絡用に使えそうです。

小学生のための「マインドマップ検定」に注目すべき理由

mindmap-child.jpg

mindmap-child.jpg

子供のころに「知識」だけではなくて「考える」方法を学べたらどんなに大きな宝になることか!

mindmap.jp の伊藤さんから小学生を対象とした「マインドマップ検定」が開催されるという話題を耳にしてそう感じました。

検定? 子供のころからビジネス思考を押しつけるのか? と不思議に思われるかもしれませんが、そうではありません。

この取り組みは、黒板の内容を書き写すだけのノート取りよりも、授業の内容を自分なりに理解した思考の枝に移し替える手法としてマインドマップを子供に教えることを目的としており、「思考」の教育ツールとしてマインドマップを学校に導入しようという活動の一環なのだそうです。

この話題を Twitter につぶやいたところ、すぐに「それは面白い」という反応や「それはどうかと思う」という賛否両論がやってきたので FriendFeed のスレッドで意見を募集しました。まとめてみると次のような意見に集約できると思います:

  1. 学校のノートをとるのが苦手で、思考が支離滅裂になっていた経験から、子供の頃にこうした「思考のツール」を教えてもらえると理解力が進みそうな気がする
  2. 逆にマインドマップという方法を押しつけることで子供の創造性を制限しないだろうか?
  3. 「マインドマップを利用して思考を育てる」という目的が手段にとってかわってしまい、「マインドマップをやっていれば思考が育つはず」という風に、隘路にはまってしまうことにならないか?

元スレッドの方も非常に興味深い意見が多くて考えさせられますのでぜひご覧ください(意見をくださった方ありがとうございました!).

わたしは3番目については十分注意しないといけないと思いながらも、2番目は心配ないと思ってます。創造性は「なんでもいいから創造してごらん」という無限の自由よりも、「ピアノを使って」「絵筆を使って」「五七五で」という制限を加えた方が、その枠を利用して、かつそれを踏み越えてゆくことができるものだと思っているからです。

そろばんがいい例です。そろばんはけっこう不自由な器具です。そしてそろばんがかわりに計算をしてくれるわけではありません。でも「計算」という複雑な手続きの補助として利用することで、計算力を飛躍的に向上させてくれます。

マインドマップもそろばんと同じように、思考のための補助ツールとしてルールに従って利用することでかえって力を引き出せるものではないかと思うのです。

私が好きなウィリアム・ジェームスの言葉に「人は自分で『考えている』と思っているが、多くの場合は偏見を並び替えているに過ぎない」というものがあります。

偏見にさらされている度合いが少ない子供の頃だからこそ、自分の力で「思考」する訓練をするべきではないのか。私はそういう意味で、この検定に注目しています。

第一回の開催まで間がありませんが、子供にやる気があるならゲーム感覚で、あるいはちょっとしたチャレンジとして受けてみるのもいいのではないでしょうか。検定に受かっても落ちてもチャレンジすること自体がなんだか楽しそうな取り組みですし。

あなたはどう思いますか? コメントか Twitter か FriendFeed で聞かせてください。

マインドマップは心を写す鏡

20090710-tp9jma3d8fwrsrmxrix75xw2eg.jpg

いろいろなことに追われているうちに先月の3週間チャレンジの総括がまだになっていました。更新も滞っているし…。本当に反省。

6月はマインドマップの週間を強化するという目標をたててとりくんでいましたが、ScanSnap しやすい A4 の紙や、スキャンしにくい手帳、果ては情報カードの裏やメモのロディアの上など、描くも描いたり 36 枚。

20090710-tp9jma3d8fwrsrmxrix75xw2eg.jpg

たとえばこんなものがあります。マインドマップになれてきましたので、なんとなくブランチが平均的になってきて、バランスがとれてきています。個人的に満足の一枚。

mmpd.jpg

こちらはちょっと深刻なテーマについての講演を聴いていたときのマップ、おどろおどろしいですね。ブランチ同士が絡み合っているのは、狭い手帳で場所を求めて枝が伸びたせいです。話題が暗いと、マップも暗くなるんですね。

一方で、マップがなかなか書けないときもありました。それはたいてい、頭の中が真っ白になっていて、何も考えられないときなのですが、こういうときの対処法については後述します。

細かいルールが気になり始めた

ところで先日 mindmap.jp の伊藤さんとお話しする機会がありまして、その前に Twitter で質問を集めたところ、いくつか興味深いものがありましたので、ビールが回るまでの時間にお聞きすることができました。

  • ブランチが2つか3つに偏っているけれどもいいの?
    まったくかまわないでしょう、というのが伊藤さんの答えでした。ブランチが偏っているのはそれが必要だからであって、慣れてきたらあらかじめそれをなんとなく予感してメインブランチに振り分けることができるそうです。
  • 作ったマインドマップをどう使うか?
    時と場合によります。描くこと自体が目的の場合はそのまま捨ててもいいですし、読書のマップのように残しておきたいものなら残しておくそうです。計算用紙を捨てるか残すのかと似ていますね。
  • マインドマップで絶対はしょれない要素はありますか?
    この質問は実は訊けなかったのですが、実践した経験では初心者ほど約束をきっちとまもって、ルールに従うことで得られるメリットを十分に意識して、その上で速記用の軽いマインドマップに移行するとよいのだと思います。

伊藤さんの手帳をのぞき見ることもできましたが、自然にマインドマップを描いている人の、気負いのないマップがたくさんあって興味深かったです。

マインドマップについて悩んでいる人はぜひ一度、マインドマップ基礎講座を受講するのをおすすめします。

ここだけの話、どちらかというとマインドマップに懐疑的だった私を「転向」させたのは、深い考察を簡単な言葉に封じた伊藤さんのたくみなセミナーのおかげだったと思います。受けて良かった!

マインドマップは心を写しだしている

しかしそれでもマインドマップが描けなくなる瞬間が数多くあるというのも、今回集中的に実践してみて身をもって体験したことでした。

白紙の紙に向かってもまったく何も思い浮かばない、頭の中までが漂白されたようなときは、当然手も足も出なくて一本のブランチさえ描けないことがありました。

そこで気づいたのが、GTD と同様に、「マインドマップも自分の心の中を映し出している」ということでした。

もし私の頭が混乱の極みにあるなら、マップもそうなってしまいます。その一方で鍵となる質問がいくつか念頭にあって、ちょっと考えさえすればイメージがまとまりそうな場合は、すらすらと自分でも思ってさえいなかった方向に向かってブランチがのびてゆくのでした。

そうしたときはむしろ質問を限定して:

  1. これから何を考えるの? Key question はある?
  2. マップを描き終わったときにどんなイメージが頭のなかから引き出されていたらいいと思う?

という疑問を自分に提示してから描くようにすると調子が出やすいということに気づいてきました。混乱した状態にある頭の中にメスをいれ、簡単な質問、大事な質問の周囲に思考を絡ませるという感覚です。

釣りをするときにランダムに糸を垂らすのではなく、魚のいそうなところにまず向かうという、当然のことをこの質問で引き出しているといってもいいでしょう。

今回集中的に描くことで、あらためてマインドマップのすごさは描かれたマップでも、その美しさでもなくて、約束事の中に封じられた思考の仕掛けなのだなといことに思い知らされました。

マインドマップが自分の心の中を映し出す湖面のように感じたことはありますか? 個人的な話でもいいので、コメントでどうぞ!

もにょっと動くマインドマップ、PersonalBrain

GTD の創始者 David Allen が「GTD と PersonalBrain についての無料ウェブセミナーを実施」というニュースが入ってきたのですが、そもそも PersonalBrain って何だ?、と気になって調べてみたところ、「もにょっと動くマインドマップ」としか言いようのないツールでした。

百聞は一見にしかずですので、PersonalBrain 5 のデモムービーをご覧下さい。

面白いのは、クリックした要素が画面の中央にもにょっと移動して、さらにその下の詳細状況が見えてくる点です。

たとえば「人生」という地平では主な要素は「家庭」とか「仕事」だけかもしれませんが、「仕事」をクリックするとさらに詳細な内容が見えるという具合に、細かい部分に向かっていくらでもズームインできます。

かっこいいだけではなく、複雑な詳細をフラクタル状に埋め込むことによって、一度にみえる情報が常に一定量になるようにしているのですね。たしかにこれは David Allen のマイ・ワールド・マップを作成するのに最適なツールかもしれません。

人生のレベルから、日常のレベルまで俯瞰しつつ自由自在に詳細に向かって舞い降りることが可能というのがなかなか魅力的です。PersonalBrain は TheBrain 社から、Windows 版、Mac 版、そしてなんと Linux 版が提供されています。

それにしても無料のウェブセミナーなのはいいですが、日本時間で午前3時ですか…。もちろん、みなさんが夜更かしをしなくてもよいように、がんばって出席しますとも。

でも眠くて眠ってしまっていたらごめんなさい!

マインドマップに対してもっていた3つの決定的な誤解

mindmap

mindmap

我流のマインドマップはもうやめようと思いました。

先週末は佐々木さんのマインドハック研究会に続き、mindmap.jp の伊藤さんによる「マインドマップ基礎講座」を受講していたのですが、連日の睡眠不足が吹っ飛ぶくらいに楽しく、発見続きのセミナーになりました。

いままで私はマインドマップについてきちんと原典にさかのぼらずに真似ている部分が多かったのですが、マインドマップの公認インストラクターである伊藤さんから直接その実践方法を手ほどきしてもらうのは目からうろこが落ちる体験となりました。

というのも、マインドマップについて自分がさまざまな誤解を抱いていたということがセミナーを通して明らかになったからです。

いくつもありますが、一番自分の頭のなかでカチッとなにかが嵌る気がした3つの誤解していた点についてまとめておきます。

舌足らずかもしれませんし、必ずしもマインドマップの理論からみて正確でないかもしれませんが、駆け出しの実践者が書いているものだとおもって読んで下さい。

誤解1: 描かれたマインドマップそのものに価値がある

いいえ。カメラマンに対してカメラがそうであるように、マインドマップは、ツールにすぎません。とはいえ、写真を撮るつもりならもっていなければ話が始まらないくらい基本的なツールです。

このことを伊藤さんは「マインドマップ自体が成果ではない」という言葉で表現されていました。マインドマップを通して得られた発想や、明らかになったことが重要なのであって、極端にいえば、明らかになったアイディアやアクションを実行に移せたなら、マップそれ自体は要らないわけです。

マップ自体に価値があると考えすぎていると「どうせ自分は絵心がないし」とか「自分のマップはいびつだからダメだ」といった本末転倒なことにつながるのではないかという気がします。

もちろんセミナー、読書、勉強の復習にもマップは使えるわけですから、場合によってマップの永続性は違っていてよいわけです。当たり前といえばあたりまえですが、なんだか思い込んでいました。

誤解2: マインドマップの枝は常に論理的に分岐しなければいけない

いいえ。マインドマップの一方の柱は構造化ですが、もう一方で重要なのは連想や着想なので、論理性がないからといってダメというわけではありません。

たとえば「魚」についてのマップを描いていたとして、「海の魚」「淡水魚」というブランチに平行して「マグロ」というブランチがあっても別に咎められはしません。あるいはこの人はマグロに詳しくて、特にセントラルイメージに近い場所にそれを置きたくなったのかもしれません。アナロジーによる連結なのですから、別に理由はなんでもいいのです。

この誤解も多分私の思い込みだったのですが、場合によっては論理的な一意性や分岐を無視して自由に派生させてもよいのだと聞いたことで、頭の中にあった卵から何かが孵りました。

もちろん、人に説明するときのマインドマップなどは論理的に分岐させた方が分かりやすかったりしますので、これも適宜という話なのですが、おもった以上に自由なものだという発見にちょっと興奮しました。

誤解3: マインドマップは即興性が優先されるので、約束事は適当でいい

いいえ。セミナー中何度も繰り返し注意されたのが、セントラルイメージに3色以上使う、ブランチはちゃんとセントラルイメージにつなげる、丁寧に色を塗る、中央から外に向かって字を小さくしてゆく、といった、いわゆる「約束事」でした。

「なんでえ、面倒くさいな」と思われるかもしれません。私も「頭の中のことをメモするんだから、デッサンのように即興で適当にやればいいんでしょう?」と思っていたのですが、思った以上にこの約束事に意味があるというのが、実際にセミナーで時間をかけて学ぶことで得られた成果でした。

これらの約束事はツールとしてのマインドマップの力を最大化するために設定されているものなので、気ままに破っているようでは落書きと変わらなくなってきます。

マインドマップそれ自体のルールが厳格であるのは、その上に乗せる思考自体は自由にする一方で、あとで眺めたときに「ブランチの太さ」「色」「文字の大きさ」といった視覚情報が常に同じ意味をもつようにするための仕掛けであるようです。

伊藤さんが注意して下さったのが、初心者こそ丁寧に、ゆっくりとマインドマップをルール通りに描いてみてこそ、着実な成長があるということでした。

マインドマップというルールに基づいた手法を使う以上、亜流から始めておけばいずれ本物にたどりつけるというものではなさそうだというのが、感じた印象です。

7時間という受講時間は長いように思えますが、非常に楽しかったのであっという間に過ぎ去りました。マインドマップについて耳学問で知っているつもりだった自分にも「なるほど、こうだったのか!」と理屈で把握できる点がたくさんありました。

上にも書いたとおり、マインドマップは「厳密な約束事に即して自由に描く」という側面を持っている以上、いつまでも我流でやるよりも、一度「本物」をガツンと覚えることで得られるメリットは大きいです。

決して安くはない本セミナーですが、その後ずっとマインドマップというメソッドに対して1つの視座が与えられることを考えると、その価値は十分にあるといえるでしょう。興味を持った方はぜひ、mindmap.jp から、セミナーに申し込んでみて下さい。

まとめ

このセミナーのもう一つ魅力的な点が手厚いアフターケアです。セミナー後に「ちゃんとマップをかいてますか?」とやんわりとメールをいただいて思わず画用紙とペンに手が伸びました(笑)。とりあえず現在の研究状況、そして書いている原稿をマインドマップにしてみて、効果を実感しているところです。

マインドマップの描き方や活用方法にいまいち自信がもてない、どのように始めたらよいのかわからないという方に、ぜひおすすめです。

マイ・ワールド・マップで人生のすべてを一望におく

myworld.jpg

Crank up Your GTD Process by Using a My World Mindmap. | GTD Times

仕事からプライベート、重要なことから雑然としたことまで、人生のすべてを一望できたら良いとは思いませんか?

それは高い山から望遠鏡を手にして風景を眺めるように、と言ってもいいかもしれません。肉眼で稜線の大まかな形を確かめつつ、気になる場所に関しては望遠鏡を使って好きなだけ細かいところにズームするように自分の「今」の状態を展望できれば、自分の向かうべき方向や、どの部分があいまいになっているかも非常にわかりやすくなります。

去年 David Allen さんのイベントに招待されたときに、こうした「マイ・ワールド」と彼が読んでいるマインドマップの作り方を紹介してもらったのですが、GTD Times で Arif と Ali Vakil がその効能について紹介しています。

その要点をかいつまみながら、この魔法のようなマインドマップについてご紹介したいと思います。

myworld.jpg
[Read more...]

オンライン・オフラインの良いとこ取りのマインドマップツール:MindMeister 2.0

mindmeister.gif

mindmeister.gif

MindMeister 2.0 Launches | Lifehacker

マインドマップは「使えたらいいな」といつも思いながら使いこなせていない気がするツールです。研究をする際に常にマインドマップに近い○と線ばかりのチャートは作るのですが、どうもいまいち MECE になりきれていないのです。

そんな苦手意識を克服するために、元祖であるトニー・ブザン氏の理念に則って開発されたツールを使いこなせるようになれば早道かなと思ってツールをいろいろ試しているところですが、このほどオンラインのマインドマップツール、MindMeister が 2.0 になっていましたので使ってみました。 [Read more...]