アップル基調講演を読み解く2つのポイント。そしてコンテンツをつくる現場となったiPad

20131023-171523.jpg

20131023-171523.jpg

先月のiPhoneイベントに続き、期待されていた新しいiPadの製品発表イベントがありました。

新しいiPadの名前は iPad Air、そして発表されたRetina ディスプレイの新しいiPad miniMacBook Proの新しいモデルMac Pro

ハードウェアだけでも盛りだくさんなイベントであったにもかかわらず、新しい OS X Mavericks新しい iLife、新しい iWorkと、ソフトウェアの更新も目白押しです。iLife/iWorkについてはiOS版も同時なのですから、全社をあげた開発の統制の凄まじさに驚きます。

一方で、iPad Air には機能的に目新しさはないなど、アップルらしい爪の研ぎ方ではなかったという印象も残ります。

実際、これはアップルの戦い方が変化しているのが見て取れる発表会だったのです。 [Read more...]

モレスキン・デザインの豪華な冊子に印刷するBook機能が追加された Paper from 53

IMG_0060.png

Paper1

iPad 上で最も手書きの感覚を反映しているお絵かきアプリに、Evernote PenultimatePaper by 53があると思います。

前者は Evernote による買収後、さらにペンタッチの精度や気持よさが増してきて、じわじわと利用頻度が高まっています。なにせあの Apple Newton のタッチ認識関連の開発者が Evernote にはいるのですから、そりゃ当然です。

後者の Paper for 53 はとにかくアートな触感をデジタルに移し替えるのが得意で、ペン、筆の感覚、あるいは素直に色をデジタルに選ばせるのではなくてアナログ的な部分を残すなど、開発センスが光ります。

ところでネタフルさんの記事、「『Paper by FiftyThree』アイデアやイラストをスケッチするiPadアプリ → Moleskine Bookとして印刷することも可能!」を読んであらためて良いアプリだなと思っていたのですが…ん? Moleskine Book? なんだそれ! [Read more...]

任意のデータをウェブから入手して美しく表示するStatus Boardアプリ

IMG_0041.png

Statusboard1

天気や時計を表示できるアプリはいくらでもあります。でも任意の自分のデータを表示できるアプリは?

MacでのftpアプリTransmitや、Coda2の開発環境で知られるPanicから、ちょっと異色のiPadアプリが登場しています。さまざまなデータを美しいパネルで可視化することを可能にする Status Board です。

アプリの購入時点でメールやツイッターの情報を表示する機能はすでにありますが、簡単なコードを書いたり、データを用意することができたりすれば、どんな情報も表示できます。 [Read more...]

指が喜ぶiPad専用のコンテンツプラットフォーム、davinci note

davinci1.jpg

Davinci

話題になっていたので触ってみたら近年まれにみる驚きが。iPadでコンテンツをつくるというのは、あるいはこういうことだったのかもしれません(話題提供してくださった@kwmr さんありがとうございます!)。

davinci noteはブログに近い、写真とテキストからなるウェブページを手軽に作成できるプラットフォームです。編集には専用のiPad のアプリを使います。iPadのみ? と思われるかもしれませんがこの制限が見事にメリットになっているのです。 [Read more...]

iPad mini、あるいは生活のすべての隙間をうめるタブレット

ipadmini1.jpg

Ipadmini1

視界のじゃまにならない、そばに置いていてすぐに引き寄せることができる、熱くもならず重さを意識することもない、ひょっとしたら一番「紙」のノートに近い存在。自分のなかでiPad miniはそんな存在になりつつあります。

先週の金曜日に iPad mini を手に入れたものの、買ったその日の印象で記事にするよりも生活のどの場面にこの小さな平板がなじむのかを知りたくて数日使ってみました。

するとこれが、ちょうど生活にフィットする小気味のよいタブレットだということがわかってきました。 [Read more...]

あの高機能ツイッターアプリTweetbotにiPad版が登場

IMG_0163

iPhone で愛用しているツイッターアプリ、Tweetbotに iPad 版が登場しました。

Tweetbotを印象づけるのはバランスのよいUIと操作性、そしてライムラインをリスト・検索項目単位で切り替える設計です。

フォローしている話題が多い場合、TweetdeckやHootsuiteのようなマルチカラムのツイッターアプリを使うのもいいのですが、会話を楽しんでいる際などはリスト単位でストリームが眺められたほうがどこか安心できます。

公式ツイッターアプリはこの点、リストをストリームとして扱っていないような設計をしていて、利用を控えてしまいがちです。Tweetbotはこの帯に短し襷に長しな状況をばらんすよく解決してくれるので気に入っています。 [Read more...]

出先でFlickr写真の整理をしたいときは FlickStackr for iPad

IMG_0152

もはや老舗の写真共有サイト Flickr は写真をセットで整理し、タグを付け、地図上に並べるなど便利な機能を提供してくれています。

しかし大量になりがちな写真をウェブ上だけで整理するのは根気がいりますし、地図が日本の首都圏以外だと yahoo.com の解像度の粗いものを利用していて、いざ位置情報を編集しようとするとストレスを感じることが良くあります。

そこで iPad を利用して、ちょっとした空き時間に少しずつ写真整理をすることができればいいのですが、これに適したアプリがなかなかありません。多くのアプリが写真を閲覧することに主眼をおいていて、編集機能は中途半端なことが多いからです。

しかしそのなかでも、実際上不都合がないレベルで編集機能をもっているアプリが FlickStackr です。 [Read more...]

PDFPen for iPadで、出先のPDF編集

pdfpenipad.jpg

Pdfpenipad

私の事務作業の現場で、PDFPenは一種の秘密兵器になっています。

お役所関係に多い、奇妙きわまりないExcelの様式などを埋める際に、それをPDFに変換してから直接編集する方がすばやく作業が完了することがあります。こうしたときにさりげなく後ろで登場しているのは Acrobat ではなく、PDFPenなのです。

その PDFPen にiPad 版が登場して、まだ日本語周りが不十分などの制限はあるのですが、どんな近道が生まれるのかちょっと楽しみです。 [Read more...]

Logicool タブレットキーボード for iPad TK600 で手軽な iPad 執筆環境

logicool1.jpg

Logicool4

昨日 iPad 2 をノートパソコンのように使えるようにする ZAGG folio を紹介しましたが、「iPad だけですべての作業ができること」を目標に LOGICOOL タブレット キーボード TK600も購入してしばらく使っていました。

こちらはみたいもん!のいしたにまさきさんのレビューがすでにありますので詳細な写真などはそちらにおまかせするとして、ここでは ZAGG folio と比べた場合の使用感について紹介しようと思います。 [Read more...]

iPad用のキーボードとケースのセット、ZAGG folio に夢中

DSC_4636.JPG

iPadをもっているけど、なんとなく使わなくなってしまったという人はいませんか? このキーボードケースであなたの iPad が生まれ変わるかもしれませんよ!

先日「iPadがお気に入りのメインマシンになった」という記事がTechnologizerに掲載されていて、ここに登場するノートパソコンのように iPad をたたんで使えるZAGG folio iPad2 カバーがとても気になっていました。

そんなことを、それとなくつぶやいていましたら、サンフランシスコ在住のブログ Drift Diary XIII の drikin さんがさっそく購入されてレビューを書いてくださっていました。drikin さんが買ったと聞いたら自分も我慢できなくなって買ってしまうという、物欲スパイラル状態です(笑)。

なぜ Mac Book Air 13inch があるのに、iPadをわざわざノートパソコンの形状にするかについては drikin さんのこの解説があります。

ただ僕の場合、最近はiPadを究極のモバイルラップトップとして使いたいと言う欲望が湧いてきました。そこは本来MacBookAir11インチの役割でその為に11インチを購入したわけですが、Air依存率が上がって使う時間が増えれば増えるほど問題になってくるのが発熱です。

長く使っていて、発熱で手のひらがもったりと痛くなる経験は私にもあります。それともう一つ、私の場合は iPad 2 が 3G 版をもっていますので、モバイルルーターなどを持ち歩いて接続することを考えずに「開いたらすぐにインターネット」の状態の端末として利用できるメリットも感じたのです。

同時に、文章を大量に書くためにストレスがないキーボードである必要もあります。
Zagg folio はその全部を満たしてくれるのです。 [Read more...]