ブログを書いている人が FriendFeed を始めるべき7つの理由

nano-logo.png

nano-logo.png

先日職場で FriendFeed がブロックされることがありまして、一瞬背筋が冷たくなりました。というのも私は著名なブログはもちろん、本業で利用している学術雑誌の最新情報なども、リアルタイムでみたいものはすべて FriendFeed に仕掛けて読んでいたからです。

そのブロックはエラーだったようでほっと胸をなでおろしたのでしたが、このできごともあって、なぜ私がこのサービスにそれだけ執着しているか一度まとめておこうと思いました。まだまだ日本では認知度が低いといわざるを得ない FriendFeed がもっともりあがりますように!

情報収集と発信をその活動の中心に据えているブロガーを主に主眼として、なぜ FriendFeed を使うことにメリットがあるのか、思いつく限り7つの理由です。
[Read more...]

FriendFeed にファイル添付機能が追加、なぜそれが重要かって?

FriendFeed-attachment.png

FriendFeed-attachment.png

FriendFeed はよく Twitter と比較されますが、この二つはまったく性格のことなるサービスです。それどころか FriendFeed は Twitter がなければきっと存在できないでしょう。

FriendFeed のキラー機能として、Twitter からスピンオフしたリアルタイムのディスカッションを作ることができる機能や、ネット上のすべての活動を一元中継できるできる機能がありますが、今日のアップデートでファイルの添付も出来るようになりました

テキストファイルや、PDF、音声ファイルなど、およそなんでも添付できますが、ムービーを共有することができないのと MP3 ファイルは 24 時間に三つまでという制限がついています。

なぜこの新機能が重要なのか? と不思議に思う人がいるかもしれません。それにはこの二つのサービスの違いを意識する必要があります。

Twitter が「1対多」の通信ツールなのに対して、FriendFeed はそこから得られたフィードバックを「1対1」のカンバセーションに変える性格をもっています。

たとえば Twitter だったら「○○について調べてるんだけれども、誰かしらない?」というつぶやきに対してそれぞれのユーザーが個別に元のコメント主に応答するだけです。

しかしここに FriendFeed のリンクがあったら、お互いにフォローしあっていないユーザー同士が同じ話題についてディスカッションをしたり、情報交換ができます。添付ファイルという新機能には、このディスカッションを容易にする役割があるわけです。

一つの話題を核にして瞬時に人が集まり、多少のディスカッションを行って瞬時に解散してゆくという FriendFeed の独特のリアルタイム感は新しい種類の情報収集の手段として要注目です。

あとは日本でも、もっと広まればいいのだけれども…