カテゴリ書籍

書籍

梅棹忠夫の名著をアップデート。「知的生産の技術とセンス」が登場 #梅棹本

民俗学者、梅棹忠夫先生のベストセラー、「知的生産の技術」についてご存知のかたも多いと思います。 来るべき情報化社会を予見して、情報とのつきあいかた、すなわち「知的生産」がすべての人にとって重要になる時代にむけて書かれた本書は、出版から40年以上が経過した今も魅力を失いません。...

書籍

まだまだ奥深いスキャンの可能性を網羅する「ScanSnapアイデアノート」

スキャンはコピーとは違います。 あたりまえのようですが、ここに少し発想の転換が必要なポイントがあります。コピー機は紙を与えれば紙がでてくる、というとても直感的な動作をしています。しかしスキャンは? 紙をスキャンするとデータになります。では、データはどう利用するのか?...

書籍

「ハマるしかけ」で「艦隊これくしょん」の中毒性を読み解く

ちょっと、いつもと違った趣向で書いてみましょう。ゲームの話、そう、去年からある方面ではたいへん話題の「艦隊これくしょん」です。 このゲーム、モバイル向けにはなっていませんし、ソーシャルゲームというわけでもありませんし、なぜ人気なのかは謎な部分もあります。...

書籍

月刊「群雛」に「ウェブ時代の書き手に必要な3つの『逆転』」を寄稿しました!

月刊「群雛」の6月号で「ウェブ時代の書き手に必要な3つの『逆転』」という題名で寄稿をしています。 「群雛」は鷹野凌さん率いる日本独立作家同盟というインディーズ作家たちの集まりが毎月刊行している月刊誌で、制作はすべてウェブ上、電子書籍オンリーという異色の雑誌です。...

書籍

シリコンバレーの「あの時代」を美味しく再体験できる「ジョブズの料理人」(日経BP刊)

アップル創業者のスティーブ・ジョブズが亡くなって二年、その人物像や逸話は語り尽くされてきた感があります。「もうジョブズはいいから」という気持ちになっている人もいるかもしれません。 しかし本書、「ジョブズの料理人」は少し違った切り口でシリコンバレーのあの日々を、そしてジョブズの人となりを描きます。...

書籍

仕事において「与えること」が多い人への福音「Give and Take」

あなたは仕事において、人から何かを受け取るほうが多い人でしょうか? それとも何も言われずとも誰かに何かを与え、奉仕し、相手の側に立って行動してしまう人でしょうか? 前者を Taker、後者を Giver としたとき、どちらの方が結局のところ「得」なのでしょうか? Giver はいつも馬鹿を見るのでしょうか?...

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事