ホームガジェット「薄いストール」はプレゼントに最適な冬のビジネスアイテム
ガジェット

「薄いストール」はプレゼントに最適な冬のビジネスアイテム

img_4278


日常の小さな隙間に気持ちよく収まる製品を作り続けるabrAsusから、こんどはアパレル分野の製品、「薄いストール」が発表されています。

先日、「ひらくPCバッグ」「かわるビジネスリュック」などの製品を繰り出す、スーパーコンシューマーの忘年会で発表されていて、レビュー用にひとついただくことができましたので、一週間ほど利用していましたが、小さく、軽量で、手放せないという、うまい死角を突いている製品だと思いました。

この短さで大丈夫なの? をデザインで解決する

「薄いストール」は、その名の通り、たためばポケットサイズにまで小さくすることができるほど、薄い素材を使って作られた、比較的小さなストールです。

マフラーやストールはポケットにおさまらず、バッグにいれてもこぶのように膨らんでしまうという印象がありますので、まずはそうしたことがないようにと選ばれたサイズのようです。

img012

それにしてもこの短さ! マフラーは一重巻きでも160cm、二重巻きなら200cmは必要と言われますから、68cmというのがいかに短いかイメージできるかと思います。これですと、普通の巻き方はできませのので、最後の17cmと書かれている部分に工夫がこらされています。

この部分がループになっていて、首に一巻きしてから端を通せば、それだけでしっかりと巻くことができるという「ワンループ方式」が採用されていて、すばやく身につけることができるのです。

skitched-20161125-020226

見た目はこのループがそれほど目立たないので、普通のマフラーのようにたくしこんでいるようにもみえるのですが、実際は首輪のようになっています。そしてこれが暖かく、首を直接温めてくれます。これはありがたい。

ストールなんているの? という人の気持ちを変えてしまう

小さく、薄いからといって保温に問題があっては元も子もありませんが、「薄いストール」は起毛したボンバーヒート素材を使用していて、温かさには文句がありません。これは素材についても本当によく選んだと思います。

そこまで温かくなくてもよいという場合には、起毛していない側を利用しても大丈夫です。一週間利用していたら、多少端の部分がよれてきましたが、製品の性質上アイロンはあてられませんので、ちゃんと仕様後は吊って形を整えるようにしたらあまり気にならなくなりました。

「薄いストール」の一番おもしろいと思ったのは、ストール・マフラーなんていらないと思いがちな男性が嫌がるポイントである「かさばる」という問題をデザインで解消することによって、スマートに持ち歩けるアイテムに変えてしまった点です。そう、これ、ビジネスアイテムなんですよ!

「ストールなんているの?」と思っている人だって、寒くないわけではありません。かさばるストールをもつくらいなら我慢するという選択をしているひとが相当数いるに違いないという賭けをしたうえで、それを解決する製品にした点がすごいわけです。少なくとも私は、もうこれなしに最近は外出していません。

急な寒波が来襲する季節にもなりましたし、コンパクトな防寒具に、プレゼントにおすすめできる製品です。

タグ

著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事