ホームガジェット手触りも香りも楽しめる「ひらくPCバッグ」レザーエディションの最後の一個を手にするのは誰か
ガジェット

手触りも香りも楽しめる「ひらくPCバッグ」レザーエディションの最後の一個を手にするのは誰か

ひらくPCバッグレザーエディション


ひらくPCバッグ愛用者はもうこの衝撃のニュースを耳にされたかもしれませんが、「ひらくPCバッグ」と「ひらくPCバッグmini」に今回限りの限定版のレザーエディションが登場しています。なぜ今回限りなのかというと、革の発注ミスを逆手にとった製品だからだそうで、おなじ値段でこのクオリティのものを作ることはほぼ不可能なので「今回限り」となっているわけです。

革好きで気になる! という人は多いと思うのですが、商品購入ボタンをクリックするのをためらわせているのは、あれだけ密着させて使用する「ひらくPCバッグ」のことだからデザインをそのままに革にして問題がないのだろうか? 使っていて残念な折り目や傷がつきやすいということはないのだろうか? という点かと思います。

という、細かい点が気になるタイプだろうというのを見透かされてか、Superconsumers様からレビュー用に mini のレザーエディションをレビュー用にいただき、この1ヶ月ほどメインで利用していました。「ハードに使えという」ことなのだろう」という心の声をきいた気がしましたので、満員の電車に炎天下の子どもとのアトラクション、そしてPerfumeのライブにまで持ってゆくことまでしたのちのレビューです。

(追記: 最後の一個を、本ブログから購入された方がいた模様です。おめでとうございます。そしてさようならレザーエディション)

結論、これはいいものです

まず、最初にことわらないといけないのは、すでにこのカバンと同型の「ひらくPCバッグmini」のレザーエディションは売り切れているという点です。ですから、いまからお求めいただく場合は、大きいサイズの「ひらくPCバッグ」のレザーエディションとなります。なので、材質と、その耐久性に注目していただければと思います。

届いてから最初に最低限の革の手入れをしてからは一ヶ月、それなりにハードに、あまり気を遣うことなく使うことをしてみました。満員電車のなかでこすれたり、ライブ会場でもみくちゃにされたりという目にもあっています。

一番心配だったのは、角のこすれや、ひらくPCバッグの構造のせいで「ここだけに折り目があって見た目が悪い」ということが起こらないかという点でしたが、結論として1ヶ月程度ではほとんど見られませんでした。上の部分にほんの少しこすれがみられますが、これは最初の満員電車で運の悪いこすれかたをしたときのもので、それ以降は変化がないようにみえます。ちゃんと、バッグとしての気品を保ってます。

レザーエディションの商品ページを見ていると、写真での商品の表面はすこしのっぺりとしているようにみえますが、実際は細かい革のテクスチャがあります。このあたりはなかなか写真には再現しにくいところです。

IMG_1191

もう少し近寄ると、このような感じですね。手触りにはぬくもりがありますし、持ち上げる度にほのかな革の香りがして満足感があります。

また、革の色にあわせて金属部分もクロームメッキに変更されていて、全体の色バランスも整えてあります。

背面のステッチは、さすがに革でつくるけれども手でもった際に壊れないように頑張ってる感じがすごいですね。ふつうの革カバンではみかけないレベルの加工ですが、こちらは体の側なので、ふだんは気になりません。

開いたところの色コントラストもこのような感じ。あれ、最初から革を考えてデザインされていたのでは…というくらいにマッチしています。

革のビジネスバッグに、機能性というアングル

革のカバンというと、片手で持ち歩くタイプのビジネスカバンが最初に思いつくと思いますが、こうした肩から下げるタイプでこうした構造と機能性をもったものは少ないのではないでしょうか?

私も長いあいだビジネスカバンとして片手で持つものを使っていたことがあり、一昔前の MacBook Pro をいれて仕事にいったものなのですが、本当にあれは体の左右のバランスがおかしくなるほどに片側が重くなるのが苦痛でした。

「ひらくPCバッグ」レザーエディションは、偶然うまれた製品ということもあって奇妙なアングルを突いています。PCや周辺機器に最適化されたフォルムに、どこにだしても恥ずかしくない革の高級感。すこしよいカバンがほしいのだけど、機能そのものよりも見た目のほうが高価なブランド革カバンは値段もデザインも行き過ぎだな…という人にちょうどいいのかもしれません。

IMG_1210

この製品のアングルは偶然の結果ということもあって、もう売り切れてしまうと二度と手に入りません。革、機能性、ひらくPCバッグの独特なデザイン。この3つを一度に総取りしたいという方は、いまにも消えるこのチャンスを逃さないようにしてください。


著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事