ホームガジェットHHKB Professional BTはiPhone/iPadと組み合わせると最高のモバイルキーボードになる
ガジェット

HHKB Professional BTはiPhone/iPadと組み合わせると最高のモバイルキーボードになる



小型で上質な入力環境として多くのひとに支持されている Happy Hacking Keyboard (HHKB)に、ついに Bluetooth に対応したワイヤレス版、HHKB Professional BTが登場しました。これまで有線のみだったため、PC/Macに接続して使うしかなかった HHKB が、解放されてどこにでも持ち歩けるようになったのです。万歳!

hhkb-bt-6

今回、PFU さまのご厚意で発表前の HHKB Professional BT をモニターで利用させていただいていました。使用したのはスタンダードな英語配列モデルで、PC / Mac に接続してもよかったのですが、せっかくですから iPhone / iPad Air 2 とペアリングさせて出先での原稿執筆につかっていました。

hhkb-bt-2

まず最初に書いておく必要があるのは、これはかつても、そして今も、「覚悟した人」にとってのキーボードだという点です。

特に最近のノートパソコン、あるいは Apple の純正キーボードやSurfaceの対カバーのようなフラットなキーボードに慣れている人には、HHKB のようにごつくて、打鍵の深みがあるキーボードは最初に触ったときは戸惑いがあるかもしれません。いや、それがいいのですが。

キーとキーの間隔であるキー・ピッチはHHKB Professional BTの場合フルサイズの19.05mm、打鍵の深さであるキー・ストロークは4.0mm。Appleのキーボードがキー・ピッチ19mm、キー・ストローク約2mmなのと比べると、深さは倍ほどになっています。

私も久しぶりにつかってみて「おおっ、深い」と驚くと同時に、このなめらかににキーを打って、粘土をこねるように文章やコードを叩きだしてゆく独特の感覚を懐かしいと思いました。手触りが違うのです。手の動きも違うのです。

hhkb-bt-7

キーの配置はSun Type3にならったUnix配列で、Aの左側にCaps Lockではなく、Coltrolキーがあります。Alt / Command キーの割り当て、あるいは Backspace / Delete の割り当てはこれまで通り背面の DIP スイッチで変更が可能です。

キートップの刻印はこれまでの HHKB Professional同様、インクを浸透させるサブリメーション方式をとっていますので、こすれて見えなくなるということがありません。このあたりも、もはや伝統となった HHKB の良さがそのままです。

大きさ、重さ、音

大きさや重さはどうでしょうか。HHKB Professional BT は横 294mm x 奥行き120mmとなっており、Apple の純正 Bluetooth キーボードを使っている人ならばだいたい同じサイズだと思っておけばよいでしょう。

hhkb-bt-5

違いは高さで、HHKB Professional BT はキートップ上面までで最大40mm。ノートパソコンの打鍵になれた人は、急に手のポジションが高くなり、指先が丸く、なにかをわしづかみにするような手つきでつかうようになることに気づくかもしれません。

hhkb-bt-8

この高さは手の大きさ、打鍵のしかたによって変わりますのでキーボードの傾きは三段階で変えられるようになっています。

重さは本体のみで530g、単三電池2本を含めると約580gほどになります。この電池で、通常の使用で約3ヶ月もち、USBモバイルバッテリーなどから給電しつつ利用することも可能です。

hhkb-bt-4

一点だけこれまでの HHKB と違うのは、背面に電池を格納する部分が出っ張っているところです。ここにキーボードの電源ボタンもあり、電源オン・オフと、2秒押しでペアリングができます。また、ペアリングを削除するには、ペアリングモード時に Fn + Z + Delete/BS で行うことができます。

HHKB を触ったことがないというかたは、音にも注意しておきましょう。HKKB は典型的な「ッターン!」系のキーボードで、売っているときに大きめの音が出ます。静かなオフィス、あるいは新幹線の中などでも、周囲の人にはうるさいと思われる可能性があります。どのくらいの音がするかは、上の Vine で確認してみてください。

iPhone / iPad + HHKB の快楽

以前、iPhoneとBluetoothキーボードの組み合わせが、通常の使い方ならばノートパソコンと同じほどに生産性が高いという記事を書いたことがありますが、HHKB がそこに加わったことで出先で長時間原稿を書くときにもうひとつ選択肢が加わりました。

短い出張なら、パソコンのかわりにiPhone+Bluetoothキーボードで十分

上でも解説したとおり、HHKB は多少音がするキーボードですので使用する場所は多少気を使いますが、騒がしい喫茶店のなかなどでは問題なく「ッターン!」することができます。

HHKBの魅力は、深くてなめらかな打鍵感のおかげでゆったりと長く打ち続けることができるキーボードとの一体感です。

ちょっと見た目はマニアックな感じがするかもしれませんが、手元が本気だと一気に執筆モードに没入できますので、実践していて楽しい執筆環境です。

IMG_0766

ひらくPCバッグminiにももちろんするりと入れて、無理なくジッパーを閉じることができます。ということは、たいていの仕事についてはiPhone と HHKB とモバイルバッテリーさえあればいいということになります。

価格はそれなりにしますし、万人向けのキーボードではありませんが、HHKB は多くの熱心なファンがいるキーボードの一つの定番です。それがいつでも、どこでも使えるようになった。それだけでも注目に値する製品だと思います。

発売は、4月22日で、先着1000名にはスマートケースのプレゼントが告知されています。実際、このキーボードはホコリがたまりやすいので、このケースは重宝することでしょう。

HHKB ファンはぜひチェックしてみてください。

(追伸)

今回の PFU さんは、ケースも本気です。墨書された「BT」が反射で輝いてる!

hhkb-bt-1


著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事