短い出張なら、パソコンのかわりにiPhone+Bluetoothキーボードで十分

短い出張なら、パソコンのかわりにiPhone+Bluetoothキーボードで十分

(updated : 2016/02/17)
Pocket

Ads:

MacWorld の記事で、旅行をするならノートパソコンをもちあるくよりも、iPhone と Bluetooth キーボードだけで十分という記事が登場していて、そうだよね!同好の士がいたか!と嬉しくなっています。

Why you should use your iPhone with a Bluetooth keyboard as your main travel computer | MacWorld

副題が、”It’s not as crazy as it sounds” 「聞いた印象ほどおかしなことではない」となっているのですが、実際、メール、原稿の執筆、ウェブの検索といった基本的なことはすべてiPhone 上でできるのですから非現実的ではないのです。

唯一足りないのが、単位時間あたりの生産性を高めるための入力方法で、そこで Bluetooth キーボードの登場となるわけです。

iPhone + Bluetooth キーボードの優位性

私はふだんちょっとしたフライトや新幹線程度ならば、パソコンを取り出すよりもバッグのなかに Apple の純正 Bluetooth キーボードをしのばせておいて、それとiPhone をペアリングして使います。

なぜ純正キーボードかというと、ふだんとキー操作を変えたくないのと、純正でもそれほどバッグのなかでかさばらないからです。Macworldの記事で使っているような折りたたみのキーボードも使ったことがありますが、たいていセーブできる少々の空間は、犠牲になるキーボードの入力速度に見合わない気がするのです。小型キーボード、たいていうちにくいですしね。

最近では Bluetooth を使えるフライトも多くなってきましたので、飛行機でも新幹線でも、さっとキーボードをとりだして、すぐに Ulysses (iOS版をテストさせてもらってます)を起動して原稿執筆態勢に入れます。

P2170102

たったこれだけのことですが、ノートパソコンに比べて、WiFi ルータを立てて電波をつかませる、電源がすぐなくなる、重い、といった欠点をカバーしてくれます。しかもiPhoneだからといって、たいていの仕事はメール、Evernote、Dropbox 経由でできます。

キーホルダーになるiPhoneホルダー:Glif

MacWorldの記事で紹介されているiPhoneのセットアップの仕方で、私が真似しているのが Glif というスタンドです。iPhone 6、iPhone 6 Plus などといった大きさに自在にあわせて、三脚ホルダーにも、こうした角度つけにもなるというすぐれものです。

product-glif-lifestyle-keyboard

大きさは自由に変えられますので、次にやってくる iPhone の大きさが 6 Plus を大幅に越えるということがなければ、対応可能なはずです。

実のところ、iPhone 6 Plus を使っていて、このキーボードとの連携の快適さがあるおかげで、iPad Pro や他のマシンを購入するところに踏み込めないというのがあります。

これほど小さな端末にキーボードを使うのは少し不思議にみえるかもしれませんが、生産性が確保できて楽しいことは保証しますので、ぜひ試してみてください。

Ads: