ホームイベントモレスキン・人生を旅する手帳イベント、2回にわたって文房具カフェで開催!
イベント モレスキン

モレスキン・人生を旅する手帳イベント、2回にわたって文房具カフェで開催!

bunbougucafe.jpg


告知が続いて恐縮ですが、こちらはモレスキン方面!

あのモレスキナリーのYokoさんと一緒に、モレスキンノートを堪能するイベントが2回です!

今回声をかけてくださったのは東京表参道にある「文房具カフェ」。飲み物と美味しい食事を楽しみながら文房具に囲まれて、実際に使うことも買うこともできる、その手のものが好きな人には天国のような場所での開催です。

文房具カフェではこの一ヶ月間、魅力あふれるモレスキンの展示も行っていますので、いつ行っても目を楽しませてくれるページとの出会いがあります。

日程と、展示の開催期間について、まとめておきましょう。Moleskinexbunbougucafelogo

イベント1: 12月2日:「モレスキン・人生を旅する手帳の使い方」基本技編

モレスキンといえば、高級ノートとしてブランドを確立した感があります。有楽町LOFTなどのショップにいけば、モレスキンだけを展示・販売しているショップインショップも複数存在し、多くのファンを獲得しています。

しかし一方で、多少高価なノートであることから、「なかなか1ページ目を書き込むことができない」「どうやったらもっとモレスキンを楽しめるのか」という悩みを打ち明ける人もいます。

こちらのイベントでは、私と、モレスキナリーのYokoさんの二人がナビゲーターとなってモレスキンの歴史、意外なエピソード、そして日本や世界の使用例を紹介して、「初めてのモレスキン」を思い出でいっぱいに埋めるヒントをお伝えします。

スペシャルゲストとして、モレスキンアートの第一人者、ハヤテノコウジさんにもご登場いただき、素朴で優しい手帳アートの世界へとご案内します。

ハヤテさんの素敵なノートはこちらの記事でもご覧いただけますが、やはり実物のオーラは格別ですよ!

登壇者:

YOKO 150x150 中牟田洋子(なかむた・ようこ): MOLESKINEにまつわる記事を毎日更新している日本一のMOLESKINEファンサイトmoleskinerie.jp[モレスキナリー]の管理人。世界中のMOLESKINEユーザーのページの紹介、カスタマイズ方法、情報の活用方法、MOLESKINEに合う文房具、“手書き”や“記録”にまつわる文化記事まで幅広く掲載している。著書に『MOLESKINE「伝説のノート」活用術』(共著:ダイヤモンド社)、『MOLESKINE 人生を入れる61の使い方』(共著:ダイヤモンド社)。

スペシャルゲスト:

Hayatenokoujisan 旅や日常の記録をテーマに作品を発表しつづけるアナログブロガー兼イラストレーター。独自の表現方法を用い、MOLESKINEスケッチブックに絵日記やアート作品を制作している。最近では、雑誌向けフードイラスト、レストランメニューのイラストも手掛けている。作品は、ブログやZINEでも公開中。(ハヤテノコウジのシンクアイデアズ

詳細

  • 日時:2014年12月2日(火曜日) 19:00~21:00(会場18:30)
  • 場所:文房具カフェ(東京都渋谷区神宮前4-8-1 内田ビルB1F)
  • 会費:4,000円(ワンドリンク付き。ハチミツラテ美味しい…)
  • 申し込みフォーム

イベント2: 12月16日:「モレスキン・人生を旅する手帳の作り方」カスタマイズ編

みなさんはノートのカスタマイズといって何を想像されるでしょうか?

ページに最初はなかった罫線を描いてみたり、目次を作ってみたり、ノートをカスタマイズする方法はさまざまです。しかしなかには、手帳にナイフをいれたり、表紙を画板にみたててアートにしてしまったり、写真アルバムにしてしまったりと、想像を超えるいじりかたをしている人もいます。

そんな、ちょっとディープな世界に、ハンズオンで触れていただくのが2回目のイベントです。4人の講師が、それぞれ簡単で、それでも急にページが華やかになるカスタマイズについて教えて下さいます。

Hayatenokoujisan Chaisan Maou jisan Yokosan

一回目のイベントでもお世話になるハヤテノコウジさんからは、スタンプをつかってページをフレーミングするという手法を。簡単なのにページがアートみたいになるのが魅力です。

イラストレーターのChaiさんからは旅ノートを作るための工夫をさまざまに教えていただきます。撮影しただけで思い出が薄れてしまう写真や小物を、ノートの上で記憶にする方法をご紹介。

静岡のモレスキンユーザーである、まおさんからは絵を描いたことがない人でも簡単に挑戦できる似顔絵アートの方法を。下手だと思っていたものが親密さに変わる、手描きならではの楽しみを発見してください。

そしてYokoさんからは、手帳にナイフをいれ、モレスキンの拡張ポケットを窓にするという荒業カスタマイズを。材料がそろわないとなかなか自分では試してみることがないテクニックをハンズオンで!

え、私? 後方支援係ということで…。

詳細

  • 日時:2014年12月16日(火曜日) 19:00~21:00(会場18:30)
  • 場所:文房具カフェ(東京都渋谷区神宮前4-8-1 内田ビルB1F)
  • 会費:4,000円(ワンドリンク付き。ワインもいろいろある…)
  • 申し込みフォーム

懇親会について

それぞれのイベントのあとには、別会計になってしまって恐縮なのですが、登壇者とゲストとともにひとときを過ごす懇親会をセッティングしています。

ぜひ、文具に囲まれた居心地のよい空間で、モレスキンや文具の話にはなをさかせてください。

また、11月18日から12月18日の期間中は、文房具カフェにて代表的なモレスキンユーザーたちによる展示も行われています。こちらもおってご紹介したいと思います。

モレスキンユーザーのあなたも、初めて使ってみようかとおもっているあなたも、ぜひ文房具カフェに足をのばしてみてください!

(追記)

冒頭の写真は Yoko さんのこの投稿から。夜遅くまで設営おつかれさまでした!

モレスキン 人生を入れる61の使い方
ダイヤモンド社 (2013-03-25)
売り上げランキング: 18,965

モレスキン 「伝説のノート」活用術
ダイヤモンド社 (2013-03-04)
売り上げランキング: 33,013
タグ

著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Add Comment

Click here to post a comment

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事