ホーム書籍日経ビジネスアソシエ、ビジネス洋書「先取り」ガイド。今月は “Age of Context”
書籍

日経ビジネスアソシエ、ビジネス洋書「先取り」ガイド。今月は “Age of Context”



IMG 7703

日経ビジネス・アソシエの毎月の連載、「ビジネス洋書先取りガイド」。今月の一冊は、きっとネットの流れに親しんでいる人なら必読の一冊です。

iPhone / Android といったスマートフォンの端末、位置情報サービス、ソーシャル・ネットワーク、ビッグデータ、ウェラブルデバイスにみられるさまざまなセンサー。これらの技術の発展は一つ一つをみても目をみはるものですが、それらがすべて集まったとき、何が起きるのか。

アメリカできっと最も有名なITジャーナリストの Robert Scobleと、Shel Israelという二人の共著による “Age of Context” は、これら5つの力がすべてあわせて「コンテキストの時代」という大変化が起こることを予想しています。

コンテキストとは

IMG 7704

コンテキストは「文脈」というほどの意味ですが、モバイル端末のような機械はすでに私たちについてさまざまな文脈を知っています。

いつ歩いていて、いつ止まっているのか。どのような場所を歩いているのか。どんなソーシャルの繋がりを持っているのか、何に興味があるのか。私たちが何者で、どんな背景を負ってその場にいるのかを、機械が理解し、利用可能になりつつあるのです。

著者の二人はもともとソーシャルメディアの台頭を的確に予見した人々で、これらの技術についてもくわしい一線の書き手です。彼らの目にうつる、やがて来る大嵐の姿とは?

邦訳も予定されているようですが、それほど長くない本ですのでぜひ「先取り」したいところです。


著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事