ホーム仕事術メスメル医師からピール牧師まで。ポジティブ・シンキングのオカルト的源流
仕事術 心理学

メスメル医師からピール牧師まで。ポジティブ・シンキングのオカルト的源流



Positive

ナイキの “Just do it” 広告から、オバマ大統領の “Yes, we can” というスローガン、そして「ザ・シークレット」の神秘主義的な文章やデール・カーネギーの自己啓発的なメッセージ、あるいはナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」のマントラ、そして日本においてもさまざまな本やセミナーで繰り返し繰り返し強調される一つのアイデア、それは「ポジティブ・シンキング」・「前向き思考」です。

ポジティブ・シンキングの核となる哲学は「思考や精神状態は外界に影響する」という考え方です。そしてそれが「富」「成功」「栄誉」にも拡張され、一つの大伽藍となっているわけでもあります。

しかしこの考え方の起源がそれほど古くはなく、19世紀のオカルト的な文脈のなかから成立したことはあまり知られていないかもしれません。それを紐解く本、”One Simple Idea” が洋書で予約可能になっています。

メスメルからピール牧師まで

著者の Mitch Horowitz 氏は、たとえばレーガン大統領が演説で “Anything is possible”(註1)という言葉を選んだような、こうした言葉遣いは1950年代以前のアメリカではほとんど見られなかったことを指摘しています。これはいわばポジティブ・シンキング運動から派生したアメリカの精神文化の典型的な用語といっていいのです。

その源流にさかのぼると、動物磁気を提唱したドイツのフランツ・アントン・メスメルにまでいきつきます。著書に錬金術的な記号を多用し、オカルト的な面をもつ彼の考え方は、彼の名前からメスメリズムと呼ばれ、いまではmesmerize「魅了する」という動詞にまでなっています。メスメリズムの考え方は、身体の健康は体内の流体によって左右され、それを外的に操作する治療が可能というものでした。

科学的には否定されたとはいえ、メスメリズムは催眠術の開発を促し、大西洋をこえて20世紀初頭にアメリカに渡り、「精神が体を治療する」という今ならどこかオカルト的な、しかし当時は新奇な概念として広まります。

やがてその考えが身体だけでなく、富や人間関係といったものにも応用可能なのではないかという拡張が行われ、その一つの頂点としてノーマン・ヴィンセント・ピール牧師の “The Power of Positive Thinking”「積極的考え方の力」という本が登場します。

ピール牧師は積極的な信仰の重要性を “positive thinking” という言葉で表現し、それまで伏流していたポジティブ・シンキングの下地に火を付けます。それはその後のすべての self-help 系の書籍に「常識」として取り入れられ、その残響はいまも「夢を生きろ」「ひきよせの法則」「成功をイメージせよ」といった文句や、テクニックとして受け継がれているのです。

ポジティブ・シンキングの効用

こうして書くと、まるでポジティブ・シンキングはまやかしのような、真実を覆い隠す糖衣のようなものだと感じられるかもしれませんが、著者の意図はポジティブ・シンキングの否定ではありません。

著者はポジティブ・シンキングはむしろ、20世紀前半の急速に変化する社会のなか、田舎から都市生活へと移行した人々の生活を精神的に支え「考え方を広める」背骨となったと論じます。そうして考えると、ポジティブ・シンキングがインターネット社会のいま復権しているようにみえるのも偶然ではないのかもしれませんね。

また、ポジティブ・シンキングが成功を約束はしなくても、多くの人に精神的メリットを与えることも確かです。それは心理学的にも、経験的にも無視できないものです。私自身、人生の本当につらかった時期にピール牧師の本を読んで自分を励ました一人です。

ポジティブ・シンキングを盲信してもいけませんが、自分を信じられない人がちょっとの積極性を持つことでどのように変わることができるかを過小評価もできません。このポジティブ・シンキングという不思議な力の源を、本書とともにたどってみてもいいかもしれません。

著者が “One Simple Idea” の骨子について5分で説明している動画もありますので、ぜひ御覧ください。

(註1)”Anything is possible in America if we have the faith, the will, and the heart.” 1985年一般教書演説の末尾の一言。

積極的考え方の力―ポジティブ思考が人生を変える (Life & business series)
ノーマン・ヴィンセント ピール
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 320,943

著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事