ホーム仕事術習慣形成[30日チャレンジ] 英語で30日間書き続ける
習慣形成

[30日チャレンジ] 英語で30日間書き続ける



529999 81765483

30日だけ新しい何かを始めてみる「30日チャレンジ」時には成功したり、とぎれたりしながら、まだやってます!

今月のチャレンジはKDPイベントで触発された勝間さんの「五千字書く」という活動に近いものにしてみたいと思います。

近いというのは、ひとひねり加えて、英語で書くことにしているからです。

英単語にして500単語

英語で原稿量をはかる単位は単語の数、つまりワードですが、これは翻訳された日本語の文字数に比べたら数分の一になります。日本語で「英語」なら2字なのに対応するのは English で1ワードなのですから当然ですね。

特に目安はないのですが、参考にしたサイトなどの数字を元に5000字を換算すると約1200ワードほどになるのですが、さすがに大変ですので500を最低線として考えています。

苦痛が快感に

30日チャレンジはもっと楽しめるものや、やったことがないものを選ぶほうが続きやすいのは確かです。

しかしあえて難しいチャレンジを選ぶことに関しては、私は以前にまさに「英語を書く」習慣で最初の苦痛が快感にかわることを経験しています。

高校生のころ、6週間で30枚のレポート用紙に英語の自由作文をするように言われたことがあります(アメリカの話です)。それこそ、最初は1時間かけても1枚も書けずに苦しんで最初の30枚を提出したのを覚えています。

しかしこの課題、次の6週間は50枚、というように数字が増えてゆくのです。するとしだいに筆が滑るようになり、ネタを数枚にわけて書くことなども自在となりました。

登山を久しぶりにすると、最初の三十分ほど体が思うように動かず、実に嫌な汗が出てくることがあります。しかしその最初の抵抗を乗り越えると、気分が爽快になって体が軽くなってくるのです。

これと同じで、最初の抵抗感が爽快感に変わるとき、何字書けたのかという表層的な達成感ではない、「ああ、自分はこの小さな山を越えられたのだ」という気持ちが広がります。

30日チャレンジの30日というのはかざりに過ぎません、続けるときのこの感覚が得られれば、おおむね成功なのです。


著者について

堀 E. 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事