Pocket for Macでウェブの情報処理が飛躍的に楽になる

(updated : 2012/11/02)
Pocket

Ads:

Pocket1

このままだとInstapaperからPocketへと宗旨変えしそうです。

欧米でよく利用されている「あとで読む」サービスとして、大きく分けて Instapaper と、のちに Pocket となった Read it Later がありました。

これまで私は一貫してInstapaperを押しだったのですがこのほど登場した Pocket for Mac のあまりの使いやすさに、もうそろそろ軸足を Pocket に変えようかと思っています。

情報処理のバッファとしての「あとで読む」

Information flow

Instapaper も Pocket も、考え方としては膨大な情報の流れをちょっと分流させてとっておくためのものです。

たとえばRSSやツイッター、Facebook、Flipboardでたくさんの記事を読んでいる場合、一つ一つを熟読するよりも「これは読むに値する」というものだけを素早く選び出し、とっておくことことをしたくなります。

さらにそれを永年保存する場合にはブログに書いたり、Evernoteに送信するわけですが「あとで読む」サービスは情報処理のかっこうのバッファ領域になるのです。

このバッファがないと、長い記事や、他の記事とあわせ読みたい記事は埋没してしまいます。長い記事には苦労してたくさんの考察が書かれたものが多いのでもったいですよね。

このあたりはネタフルのコグレマサトさん(@kogure)がネット速読の達人ワザで詳細に書いていました。

ブックマークをサクサク管理、Pocket for Mac

そこで Instapaper か Pocket という話になるのですが、先日登場した Pocket for Mac が、案外なかった「ブックマークのためのクライアント」としてとても利用しやすく、iOS とも同期ができて使いやすいです。

Pocket2

クライアントを起動して、ログインするとブックマークがすぐに同期されます。ふだんはテキストと画像だけを読み込んだ簡易ビューで閲覧して、必要に応じて元サイトにすぐに飛べます。

Pocket3

なにより素晴らしいのが、タグ付けによる簡単な「情報の分流」がすぐにできる点です。「ブログ」のタグ、「GTD」のタグなどを定義しておけば、あとで読むことにした200件の記事のなかからさらに「ブログ」だけに関連した十数個に絞り込むことが一瞬でできます。

ここに「All Untagged Items」という項目があるのも便利で、タグがまだついていない、分類されていないものだけに絞り込んで整理することもできます。

Pocket4

実際のタグ付けもオートコンプリート付きでさくさくできます。

Pocket5

Pocket で気に入っているのが、記事、写真、動画を別々に表示できるという機能です。「あの笑える動画をあとで紹介するために保存しておく」という場合、この「動画」の項目を見るだけですぐにみつかるでしょう。

この、かなりのスピードで情報を入れてもなくす心配がないという感触がとてもうれしいです。

Pocket6

最終的には Bufferで SNS に投稿したり、Evernoteにさらに長期的なほぞんをしたりといったアクションもすばやくできます。

また、キーボードショートカットも充実しています。

  • j/k: 記事の上下移動
  • t: タグ欄を開く
  • o: ブラウザで開く
  • a: アーカイブする(読了)
  • f: お気に入りに追加

もちろんアーカイブした内容や、タグ付けはウェブ版の Pocket、アプリの Pocket と同期しますので、いつでもどこでも「あとで読む」ことができます。

Instapaperから移行

タグ付けなどの機能やアプリはもちろん Instapaper にもあります。

しかしテキストばかりで記事を探しにくい Instapaper に対して、Pocket はウェブ版でもビジュアル的に探しやすい UI を提供してくれています。

Pocket7 1

ここに Pocket の Mac 版クライアントが登場することで、まるで Evernote のように情報の流れが途切れずにどこにでももっていけるようになりました。

本来、Instapaper は他のユーザーをフォローすることで他のひとの「あとで読む」を互いに見たり、転送したりといった Tumblr 的な要素もあって、それが情報処理だけでなく、情報発見という側面ももっていたことが秀逸でした。

しかしその恩恵を感じるほどには Instapaper のユーザーが周囲にいないという状況もあって、ここにきて機能的に Pocket に追いつかれた感じですね。

ただ、唯一不安なのが、Pocket が現在のところアプリもサービスも無料で、いつまでサービスを維持できるのかわからない点です。なんらかのマネタイズは必要だと思いますし、ここまで便利なサービスなら有料でもなんら問題ないのですが、どうなるのでしょう…。

Pocket に興味がある、でもすでに Instapaper に膨大な記事があって移行が難しいという人も、Instapaper から Pocket にブックマークを移行するツールがあるので試してみてください。

Pocket App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

Pocket (Formerly Read It Later) App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

Ads: