ホームa-未登録iPadを立てることのできるソフトケース付きのZAGG flex
a-未登録

iPadを立てることのできるソフトケース付きのZAGG flex



IMG_2215

iPad をそのままノートパソコンのようにしてしまう ZAGG folio に夢中になっていたのもつかの間、新しい iPad に機種変更したら若干厚みが増した影響でケースに収まらなくなってしまいました。

しかしそこで、ZAGG から登場したもう一つの iPad ケース、ZAGG flex をモニターで使用させていただけることになって、その使い勝手をしばらく試していました。folio と違ってキーボードと、それを立てかけるためのケースからできているところは以前紹介した Logicool TK600 に似ています。

しかし違うのはそのコンパクトな横幅で、これならば「撮れるカメラバッグ」にも入ります。

IMG_2208

キーボードをケースでくるんだところ。ソフトな材質で作られていて、さわると温もりがある感じです。

IMG_2209

このキーボードの一つの特色は iOS / Android の両方に対応している点で、背面のこちらのスイッチで切り替えることができます。

IMG_2210

ZAGG folio でとても気に入ったファンクションボタンもちゃんと存在します。ホーム、カット、ペーストといった動作はここから呼び出せます。

IMG_2211

カーソルキーも、英語・日本語切り替えに利用する言語キーも存在します。その左にあるのは、Android でのみ機能する undo ボタンです。この undo の配置だけが利用頻度の高いスペースと言語キーの間にあって iPad では多少不便に感じます。せめて別のキーに割り当てできるとよいのですが。

IMG_2212

さて、ケースの方に移ると、これがキーボードから外した様子です。真ん中部分に長方形に折りたためるスリットが入っています。

IMG_2213

立ち上げるとこうなります。方向に最初迷いそうになりますが、ZAGG の字が正面に読めるように置くのが正解です。

IMG_2214

iPad を乗せたところがこちら。角度の調整はききませんが、安定感はあります。立てる箇所はiPad でちょうど良いように細く作られていますが、ソフトカバーなのである程度厚みのある Android タブレットでも置くことは可能です。とりあえず、手元にあった GALAXY Tab は問題なくおけました。

IMG_2215

実際に iPad を前において作業をしている様子。別に配置はこうでなくても、iPad をパソコンの左において、キーボードは前にということも可能ですので、サブディスプレイ感覚で利用する際に使えます。

さまざまなキーボードを使ってきましたが、この ZAGG のキータッチは好みの部類に入ります。一方で左右が短くなった分だけ若干 Logicool TK600 よりも打ちづらくなっています。

この二つの間でどちらかを選ぶとしたなら、iPad をこうした形で利用する時間が長いか短いかで決めるのがよいでしょう。長ければ Logicool、ブログ記事1本分を各程度の時間なら ZAGG flex の機動力は魅力的です。

さて、あとは新しい iPad のためにリニューアルされた ZAGG folio を買うか否かですが、さすがに多すぎですね…。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。