ホームa-未登録Instagramからデータを移行するためのサービス5つ
a-未登録

Instagramからデータを移行するためのサービス5つ



Instagram 1

iPhone上で人気を誇り、先日Android版も公開した写真共有アプリInstagramがFacebookによって買収されると発表を行いました。

FacebookとしてはInstagramの機能だけでなく、アクティブなユーザーもすべて取り込むことも目指しているのだと思いますが、過去に Facebook が Beluga も FriendFeed も買収して葬ってきたことを考えるとユーザーとしては不安にならざるを得ません。

Instagram の写真をすべて Flickr などに送信していた人は別として、写真をサービスから引き出したいと考えている人は Mashable のこの記事を参考にしてデータをバックアップするのがよいでしょう。

Instaport

Instaport は名前の通り Instagram のデータをダウンロードするためのサービスです。Instagramアカウントと連携してクリックするだけの手軽なつくりをしています。

Instaport

Copygram

Copygramはバックアップよりも、Instagramのようなサービスに対するウェブインターフェースとして開発されています。機能の一部分に自分、あるいは人の写真のダウンロードが含まれています。

Copygram

InstaDesk

Instagramのデータがサービスの人質になっていることが嫌だというなら、iPhotoのようなアプリがあって手元にもデータのコピーがあれば問題解決という人もいるかもしれません。こうした場合は、InstaDeskのようなデスクトップクライアントを使うことができます。他にも Carouselといったアプリも利用できます。

Instadesk

SocialFolders

SocialFoldersはウェブサービスにとってのDropboxのような存在で、Evernote やInstagramのデータを同期することが可能になります。

Socialfolders

データを外にバックアップしつつ今後を注視したい場合

とりあえずの発表では、FacebookはInstagramの機能をマージさせるつもりはないとしています。とりあえずは今後撮影するすべての写真を自動的にバックアップしつつ推移を見守りたいという対応もあり得るでしょう。

その場合は ifttt のようなサービスを利用して写真を Flickr、Dropbox、Evernoteに自動的に保存しておけば、アプリ側で送信を忘れた場合でも安心です。

Ifttt

Instagram についてはサービス開始時にこうした記事も書いていて好きなサービスだっただけにちょっと先行きが不安ですが、ひとまずデータだけは万全にしておこうかと思います。

でも Instagram の本当の価値はフォローしたり、されたりしているネットワークに存在していますので、FacebookがこれをFriendFeed みたいに台無しにしないことを祈りたいです…。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

1 Comment

Click here to post a comment