a-未登録

ウェブばかり見ていることは読書のかわりになるか?



Intellectual life

この連載のテーマは「知的生活」です。間違えてはいけないのは、これは「学問ばかりする生活」というわけでも「高尚なことだけする生活」ではないという点です。

私がこの言葉に触れたのは、渡部昇一氏の「続・知的生活の方法」(現在絶版?)を読んだのがきっかけでした。35年ほど前に書かれた本書はベストセラーとなった前著「知的生活の方法」とともに、オリジナルな発想を楽しむ生活について具体的で示唆に富む内容になっています。

まだパーソナルコンピュータ革命前夜に書かれた本と言うこともあって、ここで書かれているのは簡単にいえば、1. 書籍をたくさん読み、オリジナルな発想を育むのが「知的生活」、2. そのために時間・場所・金銭的な自由をいかに確保するか?、この2点です。

当時40代だった渡部氏が、学者として安定した頃にのびのびと書いたのではないかという軽やかさが文章にはあって、憧れのおもむくままに本を読みたい! もっと学びたい! という生活を実現させることが「知的生活」なのだというメッセージが私にはとても魅力的でした。

ところで、「クラウド時代」の今この二つの点のうち最初の点、「読書」はどうなるのでしょう? 本を読む価値はいまでもいささかも減じていないと思いますが、それでも大量に存在するウェブの情報を読むのに忙しくてなかなか本まで手が回らないという人も多いのではないでしょうか?

実際、ウェブばかり見ていることは、読書のかわりになるのでしょうか?

ウェブは読書のかわりに「なる」

本を書くようになって感じるのは、本は常に動いている世の中に対するその時点でのスナップショットでしかないという点です。特に技術書はこの傾向が強いのはいうまでもないでしょう。先日刊行した「できるポケット Google+」は印刷所に入る日まで修正が行われましたが、それでもGoogle+ページが登場して早くも現実とはずれが生じ始めています。

書籍になるよりも速く、世界のニュースや新しい情報についていち早く伝えているのはニュースサイトであったりブログであったりします。しかも、芸術についてなら画像や動画もふくめて紹介することができますので書籍よりも当を得た解説ができることも見逃せません(電子書籍がんばれー [棒読み])。

少なくとも以下については信頼できるチャンネルを RSS などで構築しておく意味はあるわけです。

  • 最新のニュースに対する評価や評論を下せるサイトを複数。できれば対立的な視点で紹介してくれるとなおよし
  • 最新の音楽、アートシーンなどについて紹介してくれるサイト、ブログのなかから、自分にとって気になるものをピックアップ
  • 日常で一番使うツールなどのアップデート情報を仕入れることができるブログ。自分が探さなくても、その人をフォローすればOK、というもの

この3つについては、もはや書籍どころか雑誌さえもいらないことが多いわけで、週末の2時間くらいをかけてこの方面で RSS を増強しておけば、何十時間という新聞・雑誌・書籍で手に入れる情報をウェブで代替できます。

こんなこと、このページを読んでいる人には言うまでもないですね。でも残りがあるのです。

ウェブは読書のかわりに「ならない」

もちろんウェブで読めないものもあります。小説がそうですし、多くの漫画もそうですし、過去の書籍も膨大な価値をたたえてページが開かれるのを待っています。

でもそれ以上に、「ウェブには書かれない」内容があります。たとえば、いしたにまさきさんの「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である」の文体は、いつも読んでいるみたいもん!とよく似ていますが、あきらかに書籍だからこそ触れた内容、題材が大量に含まれます。ブログを読んでいたからといって、書籍の結論にはたどり着かないのです。

これは自分で本を作るようになってよく理解できるようになったのですが、こうしてブログ記事として書いている文章と、本にするときでは意識がとても異なります。

ブログは自分のサイトなので、読者に読んでいただいているという意識は共通しているのですが我が家というか、テーマの選び方や文体で多少わがままに振る舞えます。書籍では一般的な読者を相手にするので表現の角がとれますし、しかも分量や話題のバランスを常に配慮します。バランスがとれていないと、編集からツッコミがくるわけです。

この二つの差に、実は価値がある

最近よく意識するのが、このブログと書籍との間にとても価値の高い領域があるという点です。ここはブログですので、あまり学問的な厳密さなど気にせずえいやっと図化すると、こんな感じです。

Media

特定のクラスターにむけて書いた速報性の高いメディアを仮にブログとすると、書籍はその反対側、一般的な読者にむけてもうすこし長い時間スケールでの内容をまとめます。この「書籍にしかかけないもの」を「永続性」と仮にしておきましょう。

すると、一般的で速報性の高い「ニュース」の反対側、特定読者にむけた永続性の高い論評の部分が空欄になります。実はここに、大きな価値があるのです。

ここには、ブログの側と書籍の側のどちらからでもアプローチできます。速報的な記事のなかに10年先の未来を予見することを書く人、あるいは、まだ自分でそのニーズを意識していない読者を開拓する書籍、両方ともいつまでも読んでいたいものですし、自分で書きたいといつも思っているものです。

ウェブは読書のかわりに「なる」「ならない」という質問は実は「ウェブ」と「書籍」のどちらが優位かという話ではなくて、どちらにおいても一番の価値のあるものはその媒体の境界を越えてゆくものだろいうことなのではないかというわけです。

そしてどんなブログや書籍が「越えた」ものかは、両方にアンテナをはっていないとわかりません。ウェブのコンテンツは書籍という背景を前提にしていることが多いですし、書籍は常にウェブの影に追いつけているとは限らないわけです。

そこで、もうちょっと連載が続いたら、このバランスについても具体的なことを書いていきたいと思います。いずれ、「本やウェブをよむことばかりが知的生活ではない」というあたりにも行き着くはずです。

とりあえずは、ウェブで読むものと書籍で読むもの、それがこのマトリクスで相補的になっているものを探すことを意識することから始めてみましょう。

今週の書籍

Brain

この連載は渡部昇一氏の「知的生活の方法」に触発されてかいているものですので、連載のたびになにか書籍を紹介するのは妥当なことのように思えます。

その人の知的生活が本を中心にしているのであれ、舞台やコンサートに通うことが中心であるのであれ、それを表現しようと思ったら言葉にしなければいかず、どうしてもあたまを使う必要が出てきます。こればかりは仕方がありません。

「考える」というとその人の脳の性能しだいで努力せずに引き出せるものと思われがちですが、実はけっこうメンテナンスが必要だということを教えてくれるのが築山節氏の
脳が冴える15の習慣」です。すでにベストセラーなのでご存じのかたも多いと思います。

でも実はこの本、iOS アプリにもなっていて、こちらの方が若干安かったりします。この15の習慣は朝から晩までの一日に実践するべき場所が散らばっているので、いつでも取り出して読めるようにしておくのは便利です。

まだ手に取ったことがないという方は、ぜひ iOS アプリで読んでみてください。

生活人新書 脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める App
カテゴリ: ブック
価格: ¥600


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

7 Comments

Click here to post a comment

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事