ホームa-未登録いまさらながら、SLEEPTRACKER PRO を買った
a-未登録

いまさらながら、SLEEPTRACKER PRO を買った



sleeptracker.jpg

話題になってからだいぶ時間が経っていますが、興味の方が勝ってしまったのと、いちいち iPhone のアラームで起きていると隣で寝ている家内を起こしてしまうという理由で SLEEPTRACKER PRO を購入しました。

ご存じない方のために書いておくと、SLEEPTRACKER は、通常眠っているときに何度かやってくる「ほぼ目覚めている状態」を組み込まれたセンサーで感知して、与えられた窓時間の中で最も目覚めやすいタイミングでアラームを鳴らしてくれるという腕時計です。

どうやって「ほぼ目覚めている状態」を感知するかというと、内蔵されている加速度センサーが、目覚めに近いときの体の動きなどを記録して、そのサイクルで判断するようです(しかし実は詳細はホームページを見てもちゃんと説明してはいない…!)。

私は科学者ですので、こうしたもっともらしい説明を受けると、「本当に睡眠時間のサイクルを測ってくれているのか」「自分の実感とは一致するのか」「朝の起床を本当に助けてくれるのか」実測データを蓄積してみたくなってしまいます。

SLEEPTRACKER を使っている場合、使っていない場合、アラーム時計だけを使っている場合の3種類で 20 回ずつくらいデータをとれば、統計的に優位な違いがあるのかどうかも検定することができますので、これもやってみたい。

ちょっとここ最近疲れていたせいもあって、浅に深い眠りから急に起こされると心臓発作を起こしたのかと思うような感覚でしたので、これをやわらげたいという本音も。いやはや、良い買い物かどうかわからないので言い訳がどうしても多くなりますね…。

ゆっくりデータをとって、続報をお伝えしたいと思います。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。