ホームa-未登録Mac OS X Leopard が今すぐほしくなる 10 のあまり語られない新機能
a-未登録

Mac OS X Leopard が今すぐほしくなる 10 のあまり語られない新機能



leopard_box_125.jpg

やっとで Mac OS X Leopard の発売日が 10 月 26 日に決定しました。前回のアップデートから2年ですので長かった…。

ホームページのトップページを飾る Quick LookSpacesTime Machine なども魅力的ですが、300 の新機能リストをみていると、 日々の仕事を加速してくれそうな良いアップデートがたくさん入っています。

比較的紹介されることの少ない、でも毎日の仕事を楽にしてくれると思った10の新機能について紹介します。

  • 辞書だけですごいことになっています:1) 辞書アプリに小学館の国語辞典と類語辞典が追加、2) 和英辞典が追加、3) 辞書から Wikipedia を検索できる。英語で仕事をする人にとって、Mac OS X の辞書とシソーラスは非常に強い味方ですが、それがさらに強力になりました。
  • .Mac 共有もさらに便利に:Dock アイコンの並び、Dashboard の設定、システム環境設定を複数の Mac の間で共有できる。
  • Path Bar で Finder のパス機能が増強:Path Bar を使えば、あるフォルダを表示していて「一つ上のディレクトリにファイルを移動」などといった操作がとても楽になります。
  • Stack でデスクトップの整理が自動化: ダウンロードしたファイルを全ていれる Stack が一番便利そうに見えます。ネットで情報を集めていて大量のファイルをダウンロードしたときでもデスクトップはきれいなままになります。さらに高機能になったスマートフォルダと使えば可能性は無限です。
  • Automator がよりプログラム可能に: 1) 変数とループが使用できるようになるので、「<指名>.doc」といったファイル生成を大量に自動化できます。2) Watch me do 機能で、ボタンのクリックなどの操作を録画して自動化できます。
  • My Mac と画面共有: My Mac 機能を使えば自宅の Mac を遠隔操作できますし、ローカル LAN の別の Mac の画面を Finder から共有できます。
  • プレビューがさらに機能強化:1) プレビューで画像サイズ変更が可能に(やっと!)、2) 複数の PDF の結合や高度な編集などができる、3) PDF の注釈機能がチーム作業を意識して強化される
  • Stoplight 検索がより便利に:1) ランチャー機能がより強められる、2) 簡易な正規表現が使えるようになる、3)計算機として利用可能に
  • マウスコントロール: Dashboard、Space、Expose をマウスコントロールで起動できるようになる
  • テキストエディット: OpenDocument と Word 2007 ドキュメントを読み書きできる

あまりぱっとしないアップデートだと言われている Leopard ですが、こういう小さい機能を一つ一つシェアウェアで実現したなら、それぞれが $30 から $70 の価値はあると思う機能ですので、私は個人的には Leopard はとてもお買い得だと思っています。

発売まであと8日。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

3 Comments

Click here to post a comment