ホームライフハックGTDカードと Molskine pocket でアナログ GTD の実装
GTD モレスキン

カードと Molskine pocket でアナログ GTD の実装



pocket.jpg

今週末から来月のあいだ、二回に分けて長期の海外出張です。出歩くことが多いので、ベータ版の OmniFocus で維持している GTD プロセスをいったんカードに移行することにしました。

そこで今回使うことにしているのが、Moleskine ファンにはおなじみ、Moleskine Memo-Pockets (小)です。見た目は普通の Moleskine ですが、蛇腹になっていて6つのポケットがついているものです。ふだんはレシート、プリペイドカードなどが入っていますが、今回は6つのポケットにそれぞれコンテキストを与えて、5×3 情報カード(コクヨ・シカ-30)でタスク・プロジェクトを管理することにしました。

それぞれのポケットは:

  • Inbox:当面の思いつきなどを放り込む場所。毎日ゼロに持っていく。
  • 仕事:出張先の方が仕事が進んだりするので、それをマネージするためのポケットです
  • ブログ:出張中にこのブログを維持するためのネタ帳、作業リストなどです。
  • オンライン:出張中はネットに接続できる場所と時間が限られているはずですので、時間をむだにしたくありません。ネットにつながったらやることを全てここに入れておきます。

のこり二つのポケットはいつもどおり紙くずとか、個人的なもののためにとってあります。写真で見るとおり、蛇腹は思い切りのばすと自力で立たせることも可能ですので、こうして立たせたまま毎日のインボックス処理ができます。

情報カードの入力方法

いずれもっと使いこなせるようになったら詳しく紹介しますが、私はタスク・プロジェクトを1枚のカードに書き入れるようにしています。カード上部に「表題」を書いて、下に完了条件を書きます。

ありがちなのは、タスクのつもりで書いたら、実は複数の工程が必要な「プロジェクト」だったという場合です。そのときはカードの右上のボックスに印をつけてそのカードを「昇格」させ、複数のタスクを裏側に書きます。コクヨの情報カードはほとんどが裏が方眼になっているので、こういうときに便利です。

さて、これで移動の準備は完了。あとは出張先で発表予定のプレゼンの準備だけか…。

タグ

著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

5 Comments

Click here to post a comment

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事