ぬるいビールを3分で冷たくする方法

Pocket

Ads:

beer.jpg

How to Chill a Hot Beer or Soda in 3 Minutes | Dumb Little Man

早めの夏休みから帰りましたが、まだ心が夏山の彼方に奪われたままです。というわけで今日はちょっと遊びの入った記事の紹介を。

Dumb Little Man で紹介されていた、熱くなっているビールを3分でしびれるほど冷たくする方法です。いいえ、液体窒素は使いません。

その方法とは、

  1. ビール缶を鍋にいれる
  2. ビールが隠れるくらいに氷を投入して、さらに水をいれて氷の方が多い氷水にする
  3. 2カップ分の塩をいれてかき混ぜる
  4. この溶液とビールの入った鍋を冷凍庫に入れる
  5. 3分でしびれるほど冷たいビールの完成

の手順。「塩をいれる」のがポイントです。


氷水ではなく、氷水にしてしまうことによって水の氷点が下がるという原理を使っています。雪道で塩をまくと雪が溶けますが、これも同じ原理です。塩をまくことで水がより低い温度でないと凍らないようになり、結果的に溶けてしまうわけです。

この方法でビールを冷やすと、氷と冷凍庫がどんどん水から熱を奪っても塩のおかげで氷点が下がっていますので、0 度以下になっても水は凍りません。塩を十分に入れて水の塩分が飽和しているなら、マイナス21度くらいまで水温は下がり、それが一気にビールを冷やしてくれるわけです。

元の記事は英語ですので、この「2カップ」がどのくらいの分量かは不明瞭ですが、水の塩分濃度が飽和するくらいですので、大量です。小学校の理科の実験よろしく、かき混ぜても底に塩が残るくらいに投入する必要があります。

冷凍庫にいれなくても、プラスチックのクールケースの中で氷水を作って塩を投入すれば、同じ原理で3分とはいかないまでもより早い時間でビールなどを冷やすことができるはずです。

夏のレクリエーションに活用できそうな技ですね。でもどうやってさりげなく塩を登場させるかがポイントかも。

Ads:

Comments are closed.