ホームa-未登録任意のサイズの情報カードを印刷する [Mac 篇]
a-未登録

任意のサイズの情報カードを印刷する [Mac 篇]



infocard-photo2.jpg

最近ちょっとハマっている作業がありまして、その作業のために各種情報カードの寸法の紙を Mac OS X のアプリケーションから印刷できるように設定できるようにしています。使用しているプリンタは Canon PIXUS (ピクサス) MP600 ですが、その他のプリンタでも自由サイズの用紙印刷をサポートしているプリンタなら大丈夫なはずです。

Mac を使い慣れている人には当然のことだと思いますが、ちょっと調べてみてあまり紹介されていないようでしたので、自分への備忘録もかねて書き残しておきます。

新しい用紙サイズを定義する

1. Safari など、どのアプリケーションでもいいので、メニューから「ファイル → ページ設定」を選びます。ここで「カスタムサイズを管理」という項目があるのでこれを選択します。

printer-setting1.png

2. サイズを入力します。例は 5×3 インチの情報カードを Hipster PDA 式に縦に入れた場合のサイズですので、横 7.5 cm、縦 12.5 cm にしてあります。

printer-setting2.png

3. 印刷のときに「用紙サイズ」を A4 ではなく、新しく定義した大きさで印刷します。プリンターによっては、若干の拡大縮小が必要だったり、余白を調整して印字が中央になるようにもっていきます。

その他のサイズ

自分が利用するサイズもいくつか書いておきます。

  • 5×3 インチ情報カード:縦 75mm, 横 125mm
  • B6 (京大型)情報カード:縦 128mm, 横 182mm
  • フランクリン手帳(コンパクト):縦 171mm, 横 108mm

さて、Mac Book に Windows Vista をデュアルブートでインストールしたことですし、おなじ設定を Windows でもやってみることにしますか。この「情報カードリフィルを自作する」という話は5月からいろいろ紹介してゆく予定です。

(update: Covey 手帳の寸法の縦横を間違えていました。訂正)


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。