ホームa-未登録Judo、あるいは最小の力で最大の効果を得る方法
a-未登録

Judo、あるいは最小の力で最大の効果を得る方法



BackpackBasecamp を制作している集団 37signals のブログ、Signal vs Noise の記事より。

Judo する:最小限の力で、最大の効果を得る

彼らの会社のチャットルームで使われた実際の用例がなかなか面白いです。柔道ということばを動詞にして使うセンスがなんともいえません。

「これに対する Judo な解決方法を見つけたんだ」
「複雑すぎる。Judo して済ませよう」
「そいつはちょっとした Judo だね」
「作業のモメンタムを殺さないように、ここは Judo しようぜ」
「そもそも Judo って何だよ?」
「Judo:自分に都合が良いように問題をすり替えること」
「いや、Judo = 完璧な解決方法より、十分良い解決方法で手を打つことさ」

ちょっと濫用気味ですが、意味するところはよくわかります。ようするに「KISS, Keep it simple, stupid」だとか、「兵は神速を尊ぶ」といったセオリーのあわさったものを、チャットで便利に 4 文字で言ってのけているわけですね(KISS も 4文字ですが、英単語なので誤解されるおそれがあります。その点 Judo の語感は間違えようがありません)。

講道館柔道の創始者、嘉納治五郎の柔道論・教育論を編集した英文の本「柔よく剛を制す」の題名が「Mind over Muscle」となっているのを思い出します。

与えられた問題をど根性の正面突破で解決するのではなく、機転をきかせて近道で一本とるといった感じでしょうか。言うのは易しですが、いつでもそういうチャンスを探して、たまに仕事で Judo 決めることができたら壮快でしょうね。


著者について

堀 正岳

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモ 、Climate+を運営しています。

新刊案内

ライフハック大全

管理人: 堀 E. 正岳(めほり)

mehori

「人生を変える小さな習慣」をテーマとしたブログ、Lifehacking.jp 管理人として、仕事術、ライフハック、テクノロジー、文具、ソーシャルメディアなどについて執筆中。

2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote コミュニティリーダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、ライフ×メモClimate+を運営しています。気候学者、理学博士、英語ネイティブ。

運営メディア・メルマガ

Lifehacking Podcast

Lifehacking Newsletter

人気記事